12名の新入社員を迎え入れました!彼らに伝えたことは?

2018年04月24日 06:00

2018年4月2日、満開の桜の下、フローレンスには今年も12名(本部スタッフ5名・保育スタッフ7名)の新入社員が入社しました。

今日はフローレンスの入社式ってどんな感じなの?というのをご紹介します。

毎年恒例の『決意表明』

内定式で顔を合わせた時よりも、心なしか大人びた表情の新入社員の面々。
3年前に新入社員として入社した人事の磯田が開式の挨拶をした後、新入社員ひとりひとりが、入社に際しての「決意表明」を行います。これ、僕が毎年楽しみにしているコンテンツです。

少し緊張した面持ちで、でもみんなしっかりと顔を上げて、胸を張って、ここから開かれた未来への「希望」「意欲」を語りました。

フローレンスに新卒で入ってくれる保育士達は、「小規模保育がやりたい」「障害児の保育がしたい」と動機が明確な子がほとんど。それがとっても嬉しいです。

大切に育てて、大きな花を咲かせなければ!と迎える側の気も引き締まりました。

僕から新入社員に伝えたこと

僕からも新入社員に、メッセージを送りました。

実は入社式の少し前に、ある利用会員さんからのお手紙をいただきまして、その内容を紹介しながら、フローレンスの仕事とその価値について話しました。

僕たちのやっている事業は、僕たちがやる仕事とは、親子に寄り添い、親子に立ちはだかる課題に共に立ち向かい解決していく仕事だ、と。

また、社会人1年生としてまずやるべきことは『A・B・C』だということも伝えました。

A あたりまえのことを
B バカになって
C ちゃんとやる

遅刻しないこと。あいさつをすること。約束を守ること。オフィスをいつでもきれいに整えること…
そんなの楽勝と思いがちですが、実は当たり前にやるのが難しかったり、優先度を下げてしまいがちです。

基本的なこと、小さな出来事を積み重ねているうちに、仕事の足腰が鍛え上がり、2年目、3年目に大きく飛び立つことができるんだよ、という話をしました。

最後に、僕からひとりひとりに辞令を手渡し、終始和やかな雰囲気で入社式は終了です。

入社後は、事務局スタッフは6月末まで、保育スタッフは9月末まで、研修期間が続きます。(事務局スタッフももちろん保育現場に入ります。)

この期間でがっつり現場感を養い、本配属後には現場に寄り添った対応や、ハートと生産性の両輪で物事を動かしていってほしいと思います!

大きく育てよ、みんな!!

フローレンスでは現在、2019年新卒の採用を行っています。
説明会も随時開催!
気になる採用情報はこちらから。
フローレンス新卒採用2019


編集部より:この記事は、認定NPO法人フローレンス代表理事、駒崎弘樹氏のブログ 2018年4月23日の投稿を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は駒崎弘樹BLOGをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
駒崎 弘樹
認定NPO法人フローレンス代表理事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑