解散風を吹かせても安倍内閣の賞味期限が延びるわけではない

2018年04月26日 06:00


一見真面目そうな国対委員長が少々切れ気味のようで、野党が内閣不信任案を出したら解散だ、などと言い出した。

今の野党にはこれが結構効くようだから、いずれ国会は正常化するのだろう。

今の段階での解散に何の大義もないことは皆さん承知の上で、解散を駆け引きの材料にしたのだから、急速に国対委員長が力を付けて来ていることが分かる。

まあ、野党の皆さんは、いつまでも審議拒否などされない方がいい。

麻生さんや安倍さんに引導を渡す役割を引き受けたのかも知れないのだから、ここは国対委員長のメッセージを素直に受け止めた方がよさそうだ。
お節介ながら。


編集部より:この記事は、弁護士・元衆議院議員、早川忠孝氏のブログ 2018年4月25日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は早川氏の公式ブログ「早川忠孝の一念発起・日々新たに」をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑