警視庁が不審者周知メールで「星野源さん似」→訂正

2018年04月27日 06:00

4月20日に東京都練馬区で発生した事件で警視庁が
「星野源に似た男」
と表現してその後、訂正しました。

事件は午後3時に男が女子中学生のスカートをまくり上げて逃走したものです。
警視庁には25万人が事件や不審者情報を受け取りたいとメールアドレスを登録していて、その人たちに送った内容が次のとおりでした。

■不審者の特徴
・年齢20歳代、黒と白色のパーカー、黄土色ズボン、メガネを掛け、黒色のリュックサックを背負った小柄で、星野源に似た男

おそらく捜査員から
「どんな人だった?」
「特徴は?」
と聞かれた女子中学生の知っている表現が
「タレントの星野源さん」
だったのでしょう。

このメールの受信者から
「個人名を挙げるのはいかがなものか⁉」
といった意見が届き、警視庁光が丘署は訂正した上で
「反省し再発防止に努めたい」
と述べています。

なんでもかんでも”誰々似”と表現することを奨励するつもりは全くありませんが、少し考えても良いのではと思いました。

今回の特徴のうち、服装は着替えてしまえば意味がなく「これで捕まるのかな?」と思ってしまいます。

過去にはグリコ森永事件の『キツネ目の男』という有名な表現がありましたけれどもそれでも捕まりませんでした。
『坊主頭』や『肩まで届く長い髪の男』『ヒゲがもじゃもじゃ』などでないと人の特徴は掴みにくく、その時に”誰々似”を絶対に使わないのはどうでしょう?

もちろん有名人の名前を出すことによって逆に固定観念を持ってしまうケースもあるかもしれませんから一長一短ですが、ただもしかしたらまだ近辺にいるかもしれない犯人をスピーディーな検挙を目ざしたら、証言を縛ってしまうのはどうでしょうか?

私を例にすれば
「さかなクンさんや中田宏さんに似た40から50歳代の男」
と表現されて犯人が発見されたら、少し世の中に役立ったと思うと思います。
(さかなクンさんがどう思われるかは確認できていませんので悪しからず)

あとは例えば
「近藤春菜さんや角野卓三さんに似た30から40歳代の女性」
のように複数名を挙げるのもダメでしょうか?

私的には他にも遠藤憲一さんや桑田真澄さんに似てる言われますけれども、さかなクンとは対面したことがありまして、二人して
『似てるねえ』
って言い合ったものです。


編集部より:この記事は、前横浜市長、元衆議院議員の中田宏氏の公式ブログ 2018年4月26日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
中田 宏
元衆議院議員、前横浜市長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑