米長期金利が3%台乗せ、いずれ4%も視野か

2018年04月27日 11:30

4月24日に米10年債利回りは3.00%と2014年1月以来、4年3か月ぶりの3%台乗せとなった。25日には3.03%まで上昇している。米5年債利回りも一時、2009年8月以来の2.85%を付け、米2年債利回りは、2008年9月以来の水準となる2.50%を付けた。

米10年債利回り、つまり米長期金利の3%台への上昇の背景については、いろいろな要因が絡んでいようが、ここでは単純に米10年債利回りのチャートから、今後の動きの目処を探ってみたい。

2014年1月に米10年債利回りは3.041%までの上昇となっており、ひとまずここを抜けてくるかどうかに注目したい。

2014年1月の3.041%を上回っていたのは、さらに遡り2011年7月の3.223%となる。そうなると3.04%を抜けてくると3.22%あたりまでは節目らしい節目はない。2011年4月に3.6%台、1月には3.7%台をつけていた。このまま米10年債利回りが上昇基調を強めるとなれば、4%あたりが次の目標値となる。

FRBは今年も年3回程度の利上げを見込み、2019年も3回程度の追加利上げを見込んでいる。その結果、政策金利を長期の中立金利見通しである3%に達成させるという利上げシナリオを維持している。そうなれば今後の米金利のイールドカーブ次第の面はあるものの、長期金利の4%台乗せというのもありうるか。

外部環境の違いで必ずしも過去との連動性があるわけではない。あくまで参考ながらも、FRBの政策金利を3%まで引き上げるとすれば、2008年2月以来となる。そして米10年債利回りの4%台乗せはそこまで遡らず、2010年4月に達成している。

あくまでチャート上から見てではあるが、米10年債利回りが3.04%、3.22%あたりを上回ってくるとなれば、4%あたりまでの上昇も想定しておく必要があるかもしれない。


編集部より:この記事は、久保田博幸氏のブログ「牛さん熊さんブログ」2018年4月27日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑