87歳のアクティブ投資家ウォーレンバフェットから学ぶべきこと

2018年05月10日 11:30

アメリカの偉大な投資家ウォーレンバフェット氏は、今年もバークシャーハサウェイの株主総会に出席したそうですが、既に87歳。相棒のマンガー氏は94歳。投資家としていつまで現役で活躍しているのは素晴らしいことです(写真は日本経済新聞電子版から)。

バフェット氏が率いるバークシャーハサウェイは、数十年に渡って輝かしい株式価値の向上を実現しましたが、リーマンショック以降の一株当たりの資産価値は、残念ながらS&P500インデックスを下回ることも増えています。

その要因はバフェット氏のアクティブ投資家としての目利きの能力が衰えたからなのでしょうか?あるいは、バークシャーの規模が大きくなりすぎて運用に支障をきたす水準になったからかもしれません。

理由はともあれ、バフェット氏の最大の貢献は、バークシャーハサウェイの投資家にリターンをもたらしたことではありません。個人投資家にインデックス運用を推奨し、啓蒙してきた事です。自身の銘柄選択による長期的な大きな成功について、

「私は例外だから、真似してはいけない。個人投資家はアメリカ株のインデックスであるS&P500に連動するインデックス運用をしなさい」

と語っています。相場を知り尽くし、結果を出した人にしか言えない究極の投資の名言と言えます。

これからもアクティブ投資家でバフェット氏のような卓越した人物が登場するかもしれません。しかし、その運用は永続することはありません。人間がやっていることですから、いつか引退する時がやってきます。

バフェット氏のオフィスの机にはパソコンは無く、メールを送ったことは人生で一度しかないそうです。電話はスマートフォンではなく、ガラケーという噂もあります。ネブラスカ州というアメリカの田舎から、ハイテク機器を使わずに、一日の大半を読書とブリッジで過ごす。異端の投資家だからこそ、凡人にはできない成果を実現できたのだと思います。

アクティブ投資家のバフェット氏の話を聞けば聞くほど、インデックス運用の優位性に確信が持てるようになる。何とも皮肉なことです。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計20万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2018年5月10日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑