やっぱり不起訴も、一件落着とはいかないでしょうね

2018年06月01日 06:00

不起訴となった佐川氏(衆議院インターネット中継:編集部)

高度の政治案件なので、最高検との協議を経て不起訴にするということもアリかな、と思ってはいたが、大阪地検特捜部は、昨日、森友学園問題を巡って告発がなされていた財務省の職員等に対して正式に不起訴処分にしたそうだ。

報道では、いずれも嫌疑不十分だということである。

泰山鳴動して鼠一匹も捕らえられなかった、という結果になっているが、大阪地検の検察官全員がこの不起訴処分に納得しているか、ということに対して私は多少の疑念を有している。

検察庁もそろそろ異動のシーズンを迎えるはずなので、不起訴処分の発表が今日になったことは十分理解するが、公文書の破棄や業務妨害についての捜査はまだ終わっていないはずである。

昨日の不起訴処分の発表は、あくまで第一次の告発に対しての処分の発表であって、つい先日オンブズマンを名乗る某大学教授からの告発はまだ受理にも至っていないのではないか、と推測しているが、さて如何だろうか。


編集部より:この記事は、弁護士・元衆議院議員、早川忠孝氏のブログ 2018年5月31日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は早川氏の公式ブログ「早川忠孝の一念発起・日々新たに」をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑