サラリーマン川柳をアノ店に教えてあげて

2018年06月05日 11:30

毎年、恒例のサラリーマン川柳が先般、発表されました。

第一生命保険の企画で今年で31回目、毎年なかなか力作が集まります。
今年の栄えある大賞は、

スポーツジム
車で行って
チャリをこぐ

まさに矛盾です。
「ジムまでジョギングすればいいのに」
と思いますが、そこでこれ↓

近著『死ぬまで太らないカラダの作り方』

買ってくださらなくても、立ち読みで結構です。
ジムに行かなくても日常の生活でできることをいっぱい盛り込んであります。

それにしても毎年のサラリーマン川柳、よくネタが尽きないなと感心しますが、それはやはり時代が変わっているからでしょう。
今年、目についているものはIT化の波でした。

例えば

ノーメイク
会社入れぬ
顔認証

メイクの有無で顔認証が却下されることは骨格などいろいろな角度から見てるのでないでしょうが、この懸念は同感です。
それから

電子化に
ついて行けずに
紙対応

「かみ」を”神”と”神”で掛けていますが、いずれにしてもペーパーレス社会になる気配は全く感じません。
さらには

父からは
ライン見たかと
電話来る

LINEは「既読」と出るのが確かに便利で、既読なのにレスしないのもなんなので既読しない・スルーしておくとと電話が掛かって来てしまうという矛盾でしょうか。
さらにはこんなものがありました。

減る記憶
それでも増える
パスワード

確かにパスワードはいくつあれば良いのかと思います。
せっかく覚えても「セキュリティのために変えてください」と定期的に通知されて変更すると覚えられない。

ということでこれらは”IT系”の川柳とまとめられますが、個人的に一番おもしろかったのは

「マジ」ですか
上司に使う
丁寧語

最近は実際にあるそうですが、乱れた日本語の一つでしょう。
ちなみに最近、あるコンビニエンスストアのイートインでこんな掲示を見かけました。

ご遠慮しております

まだ出てるでしょうか?
「誰が」遠慮しているのかよくわかりませんが、ちなみに福岡市内のコンビニでした。


編集部より:この記事は、前横浜市長、元衆議院議員の中田宏氏の公式ブログ 2018年6月5日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
中田 宏
元衆議院議員、前横浜市長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑