「ワークライフバランス」は、私には息が詰まる

2018年06月09日 11:30

「ワークライフバランス」という生き方を提唱している人がいます。残念ながら私はその考え方に対応できない人間のようです。

そもそも、ワークとライフという2つの概念が区別できない生活していますが、とても満足しています。仕事がプライベートであり、プライベートが仕事だったりする。2つの間に境界線は無いのです。

仕事とプライベートを分けると考え方は、これから古い考え方になっていくと思います。通勤電車に乗って、会社に行って仕事をし、夕方に仕事が終わると家に帰って仕事のことを忘れる。そんなライフスタイルは、これからは成り立たなくなるのです。

仕事自体が、自分のプライベートであり、仕事が趣味であり、生きがいになる。そんなライフスタイルの方が充実してるし、満足度も高いと思います。

私自身、仕事場とプライベートスペースを分けようと思ったことがありました。数年にわたり試行錯誤してきましたが、結局仕事をする場所とプライベートスペースをまとめたほうが自分のライフスタイルに合ってるという結論に達しました。プライベートのためのスペースを解約し、仕事場と1カ所にまとめることにしました。

これによって、仕事とプライベートの密接なコラボレーションが可能になると思っていますが、そこにはネガティブな感情はまったくありません。自分がやりたいことを突き詰めていったら自然に到達したワークとライフの混在する毎日です。

私はライフスタイルというのは、オンとオフが白黒はっきりしてるものでなく、グラデーションのように様々な色を見せるものだと思っています。遊びから仕事が生まれ、仕事で得た知識を遊びに使う。

オンとオフのメリハリつけるるのではなく、混在することで逆に常にハイテンションで楽しい。そんな方向性を目指していきたいと思います。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計19万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2018年6月9日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑