【おしらせ】アゴラ夏合宿「ポスト平成の民主主義を問う」

2018年06月30日 00:00

国会はここ1年半、森友・加計問題で空転し、政策論争はほとんど行われていません。官邸主導の改革も役所の「面従腹背」で停滞し、それを監視するはずのマスコミもスキャンダルを追いかけるばかり。日本の民主主義は、どこへ行くのでしょうか。

今年のアゴラ夏の合宿では、浅尾慶一郎さん(前衆議院議員)、田原総一朗さん、八幡和郎さんをお招きし、池田信夫とともに「ポスト平成」の民主主義について徹底議論します。テーマは

 ・国会はなぜ政策論争ができないのか
 ・官邸主導にはなぜ抵抗が強いのか
 ・マスコミはなぜスキャンダルばかり報道するのか

など、みなさんの疑問をぶつけてください。

受付申し込みはこちら

第1セッションでは、テクノロジーを駆使して政治報道に新風を吹かせている米重克洋さん(JX通信社社長)、このほど新刊『逃げられない世代』でロスジェネ世代の向き合う政治課題を分析した宇佐美典也さん、アゴラ編集長の新田哲史とともに、これまでの政治報道のどこがダメで、これからどうなるのか、どうあるべきか、既存メディアもネットメディアも知り尽くす4人が徹底討論します。

開催概要

開催日:2018年8月4日(土)15時(14時半受付開始)~8月5日(日)午前11時解散

場所:レクトーレ湯河原(TKP湯河原研修センター)
259-0313 神奈川県足柄下郡湯河原町鍛冶屋572-1(地図

JR湯河原駅よりタクシーで5分
8月4日、14時半頃に湯河原駅前より送迎バス手配(お申込み後、メールでご案内します)

定員:30名(申し込み先着順)

主催:アゴラ研究所

参加費(宿泊費、食事つき、消費税込)
54,000円(一般)
50,000円(早期割引-6月30日までにお申込みの方)
50,000円(優待割引価格:お申込み時点で2018年7月期読書塾お申込み済の皆さんに適用します
30,000円(高校生以下の方は職業欄に学校名をご入力ください)

申し込みはこちらからも受付しております

プログラム

8月4日
15:00〜17:00
第1セッション「ポスト平成の政治報道とジャーナリズム」

パネリスト
米重克洋(JX通信社 代表取締役)
安積明子(ジャーナリスト)
宇佐美典也(アゴラ研究所フェロー)
司会
新田哲史(アゴラ編集長)

17:30 夕食

19:00〜21:00
第2セッション「ポスト平成の民主主義を問う」

パネリスト
田原総一朗(ジャーナリスト)
八幡和郎(評論家、アゴラ研究所フェロー、元通産官僚)
浅尾慶一郎(前衆議院議員、元みんなの党代表)
司会
池田信夫(アゴラ研究所所長)

終了後、懇親会。

8月5日
9:30〜11:00
第3セッション「歴史に謎はないリアル版:ポスト平成を占うための皇室秘史」(仮)

パネリスト
八幡和郎(評論家、アゴラ研究所フェロー、元通産官僚)
聞き手
新田哲史(アゴラ編集長)

申し込みはこちらからも受付しております

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑