資産運用とは「歪み」を解消する社会貢献である

2018年06月18日 11:30

投資というと何だか悪いことをしていると誤解している人がいますが、逆だと思います。資産運用とは、世の中の「歪み」を解消することで社会貢献できる仕事です。

「歪み」とは情報が偏在していて、世の中に行き渡っていない状態です。金融資産の場合は、この「歪み」がほとんどありません。株式の情報は証券取引所でまとめて管理されていますから、誰でも最新の株価を知ることができます。為替もリアルタイムな情報をネット上で簡単に得られるのです。

しかし、実物資産の場合はそうはいきません。

例えば、資産を売りたい投資家がいても、それを購入してくれる投資家が見つからなければ売却をすることができなく困ってしまいます。逆に、資金を有効に活用したいが適切な投資対象が見つからないという投資家もいます。

2つをマッチングすることができれば、「歪み」が解消し、双方にメリットが生まれます。

また、単純に買い手を見つけてくるだけではなく、売りたいと思っている資産を買いやすいように小口化したり、リスクコントロールしたりできれば、買い手が付く可能性がより高まります。

資産デザイン研究所には、様々なルートから資産を処分したい人からの情報が集まってきます。中には、事情があって一般には知られたくない情報もあります。それを、そのまま資産設計実践会のような「インナーサークル」の投資家に紹介したり、ニーズに合うように上手にスキームを作ったりして、買い手を探してくる。売買が成立すれば、資金の流れができ、それぞれの問題を解決できます。

最近、手がけている案件の1つに、地方の温泉宿の売却があります。外国人が大挙して繁盛している高稼働の旅館ですが、別のビジネス展開を考えているオーナーから売却の相談がありました。早速投資したいという人たちを、「インナーサークル」で募り、現地の視察にも出かけようと考えています。

売却したい人にも、投資家にも両方にメリットのあるソリューションを提供するのが、資産デザイン研究所の腕の見せ所です。「歪み」を解消して社会貢献したいと思います。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計20万部を超えた「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2018年6月18日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑