なぜ、おじさんはネット上で女性をディスるのか?

2018年06月29日 11:30

アマゾンプライムの番組の記事広告(記事に見えるけど広告になっているコンテンツ)なのですが、ネットに生息する”女に話しかけるのヘタすぎおじさん”の特徴というページ。思わず最後まで読ませてしまう内容でした。

こんなドキッとする言葉が、対話形式のやり取りからバンバン飛んできます。

お店の店頭で文句言っているクレームおじさんはサービスや商品に文句があるんじゃなく女店員と話したいだけ。

ネット上で必要以上に異性を攻撃してる人の99%は「モテないから」以上の理由は持ってない

人は歳とると”苦言”や”説教”以外で若者とコミュニケーションを取るのが難しくなる

異性にかまってほしくて怒ったりわめいたりしてるのは赤ちゃんが泣いてるのと同じ

後半は、「モテたことあるおじさん」の特徴が分析されています(写真)。

若い頃にモテすぎたおじさんは、自分が女の子に何をしても喜んでもらえた頃の記憶を持ったまま老いてしまう。それが問題を引き起こすという分析です。

セクハラおじさんは、好きな人にされて嬉しいことを嫌いな人にされるのがセクハラということを理解していない。ディスおじさんは、仲良くなれる方法と勘違いして、初対面の人に「いじり」をやってしまう。うまいもん教えてあげるよおじさんは、過去の自分の経験に価値があると勘違いして、時代遅れのお店を得意気に紹介してしまう。

ネット上の「かまってちゃん」は、このような女性に不器用に絡んでくる「おじさん」だけではありません。ポータルサイトのコメント欄を見ると、とにかく誰でもいいからかまって欲しいと、訳のわからない突っ込みを入れてくる匿名の人たちがたくさんいます。

最近、ネット上では何かと「おじさん」がディスられていることが多いですが、ネット上のコミュニケーションの失敗は、おじさんだけに留まらない誰でもやってしまいがちです。素直に感情が表現できないことによるミスコミュニケーションは、お互いの不幸の元。避けたいものです。

そういえば、この記事広告を読んでから、思わずアマゾンプライムで「バチュラー」を見てしまいました。広告効果は抜群です。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計19万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2018年6月29日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑