村上智彦『最強の地域医療』

2018年07月02日 11:30

村上智彦さんの『最強の地域医療』を拝読しました。

●当時、日本で一番高齢者の医療費が高かった北海道瀬棚町(せたなちょう)の医療改革、
●財政が破たんした夕張市(ゆうばりし)の地域医療、
●そして、自身の急性骨髄性白血病の闘病経験

などを力強く書いた絶筆です。

●病院は治療を優先するあまり、栄養面でのサポートが弱い。高齢者にとって、低栄養は癌よりも脂肪率を高める。もっと食事を楽しく、美味しくすべき

●今までの医者は死を敗北とする技術職であったが、これからは死を必然と認めて天寿を全うさせるサービス職となるべき

医療費が高額になっている原因の一つは、医療機関が多すぎる

などという主張も、豊富なデータと実践がある分、説得力があります。

一方、瀬棚町や夕張市が、病院中心の医療から、予防医療・訪問医療に変わった、あるいは変わらざるを得なかったときに、どのような過程や葛藤があり、どう乗り越えたのか。医師以外の人がどう関わったのか、そこについては、ほとんど触れられていなかったので、そこのところをもっと知りたくなりました。

また、この本では、夕張の”たかり”体質を鋭く批判しますが、村上医師が離れたあとに、夕張の医療がどうなったのかも知りたくなりました。

主張がはっきりしているので、考えるきっかけになる本です。

もう少し知りたい!
おっちラボの矢田明子さんが語る「日本で一番チャレンジに優しい町~島根県雲南市から若者の未来を考える~」

医師が毎日飲み歩けば、地域医療が良くなる!(森田洋之医師)

<井上貴至 プロフィール>

<井上貴至の働き方・公私一致>
東京大学校友会ニュース「社会課題に挑戦する卒業生たち
学生・卒業生への熱いメッセージです!

<井上貴至の提言>
間抜けな行政に、旬の秋刀魚を!


編集部より:この記事は、井上貴至氏のブログ 2018年7月2日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は井上氏のブログ『井上貴至の地域づくりは楽しい』をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
井上 貴至
前鹿児島県長島町副町長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑