ゲスの極み局長:ショッケンランヨウは下の下の下

2018年07月12日 11:30

7月4日、文部科学省の佐野太科学技術・学術政策局長が逮捕されました。

逮捕容疑は、東京医科大学に文科省の補助金を付ける見返りに自分の息子を東京医科大学に不正合格させてもらったということで、これが事実ならば卑しいです。

この補助金は「私立大学研究ブランディング事業」で、全国の私立大学の独自色ある研究に対して付けるものです。

私立大学研究ブランディング事業

大学にとっては選ばれれば研究費が手に入り箔もつくので重要でしょうが、佐野容疑者がこれに便宜を図りその代わりに自分の息子を入れてくれとやったわけです。

中立公正であるべき役人の職権で便宜を図って自らに見返りを求めるということで、例えば国土交通省の役人の子供に一級建築士試験を受からせろとか法務省の子供に司法試験に受からせろとか厚生労働省の子供に国家医師試験を受からせろといったのようなもので、本当に一番やってはならないことです。

背景には補助金という仕組みもあります。
私立大学研究ブランディング事業補助は各大学が選ばれれば年間で2000万〜3000万円で、年間の総額は55億円です。
今回を機に試みましたけれども、各省庁には数え切れないほどの補助金があります。

これらは政治家や役人のまさに利権です。
補助金というのは当然ですが国民の税金が原資です。
政治家の中には補助金の口利きで自分自身を成り立たせているという人が嫌な話ですけれどもかなりいます。

また民間にも補助金でビジネスをやっている人がいます。
そういった人は必ず「補助金を何とかして」とお願いしてきますからなるべく近寄らないようにしてきましたし、「なるべく補助金を減らしていった方がいいですよ」とアドバイスしてきました。
補助金が回らないとビジネスにならないとなると、その結果、政治家や役人に“へーこら”して結局、悪い方向に手を染めていくビジネスになるからです。

横浜市長の時は山ほど権限がありましたがそういうことはやりませんでした。
そういう政治が嫌いで日本を立て直すための志だったからです。
だから政治家には向いていないのでしょう。

いずれにしても法律や倫理違反はどんな分野でも問題ですが、自分の分野・役職の権限を使って自分の分野で見返りを求めることは、ゲのゲの下衆です。


編集部より:この記事は、前横浜市長、元衆議院議員の中田宏氏の公式ブログ 2018年7月12日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
中田 宏
元衆議院議員、前横浜市長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑