十日町が、インドになる!

2018年08月10日 11:30

このエントリーは連載です。
第1話 「大地の芸術祭」越後妻有トリエンナーレのちょっとマニアックなお勧め

3年に1度、新潟県十日町市・津南町で開催される「大地の芸術祭」。エリア全域に、370を超える作品が展示されていますが、それぞれの地区に拠点があります。

今回紹介したいのは1番大きな拠点「越後妻有交流館十日町キナーレ」。拠点には、たくさんの作品が展示されていますが、今年は、アルゼンチン出身の芸術家レアンドロ・エルリッヒの「空の家」を見ることができます。

38705677_598990100495069_5546959488373751808_n

38740275_1981903915382177_2291217185281933312_n

「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」というより、「短い入り口を抜けると池国であった」。広い空間に水が張ってあり、子供も大人も靴を脱いで歩き、はしゃぎ、あるいはポーズをとります。まるでインドのよう。その動き自体がアートになります。

ギブソンのアフォーダンスという言葉を思い出しました。

今年は、9月17日(月)まで。この機会に皆さんもぜひ。

もう少し知りたい!
「大地の芸術祭」越後妻有トリエンナーレのちょっとマニアックなお勧め

<井上貴至 プロフィール>


編集部より:この記事は、井上貴至氏のブログ 2018年8月10日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は井上氏のブログ『井上貴至の地域づくりは楽しい』をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
井上 貴至
前鹿児島県長島町副町長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑