自民党・総裁選がスタート。さあ、どうなる?

2018年09月08日 11:30

9月7日から、自由民主党の総裁選挙が始まりました。

「総理と総裁って違うの?」
と思う人もいるかもしれません。
総理大臣は国のトップ、今回の総裁は自民党のトップということです。

現在は総理大臣も自民党の総裁も安倍晋三さんと同じ、自民党の総裁だから、国会で多数党である自民党が総理大臣に選んでいるわけです。

実は総理大臣には任期がありません。
何期でも何年でもできますが、しかし自民党の総裁には任期がありますので総裁選となりました。

自民党の総裁の任期は党則で決まっていて、昭和53(1978)から平成15(2003)年までは2年2期まで、平成29(2017)年までは3年2期までとなっていて、現在は3年3期までと変更されています。

直近の変更はこれ自体が安倍政権を継続できるようにしたというものでしょう。
そして2期6年が終わり、今回、3期目に出馬ということで、安倍さんは
「これが最後の総裁選」と言っています。

一方の対抗馬は自民党の元幹事長で安倍政権で地方創生担当大臣も務めた石破茂氏で、一騎打ちとなりました。

自民党内での選挙ですから、根本的な考え方は同じでしょう。
憲法や安全保障、外交などの方向性に大きな違いはなく、各論・具体論が論戦になります。

これまで当ブログで何度も
「野党は党内すら根本論でまとまってないからだめ」
と書きましたが、それは憲法や安全保障の考え方がバラバラで、まとまるものもまとまらないからです。

よく「憲法改正は自民党の党是」と言われますが、安倍さんも石破さんもともに憲法改正は当然、賛成しています。
またよく議論になる憲法9条に関しては、改正して自衛隊を位置づけるという方向性も両者で一致しています。

違いは、安倍さんは9条1項2項はそのままに、新たに自衛隊を書き込むということで、自衛力・自衛隊はその他の戦力に当たらないという考えで書くということです。
一方、石破さんは2項は曖昧さをなくすようそっくり書き換える、という考え方です。

またプロセスについて安倍さんは、次の国会で憲法改正案を提出する、できるだけ早くやっていこうというスタンスです。
一方の石破さんは他党と丁寧な議論を積み重ねて慌てないというスタンスです。

総裁選で負ければ総理大臣も辞職しますが、過去に1人、昭和53(1978)年、第67代総理大臣&第8代総裁の福田赳夫氏がそうなりました。

今回は、どうなるでしょうか?


編集部より:この記事は、前横浜市長、元衆議院議員の中田宏氏の公式ブログ 2018年9月8日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
中田 宏
元衆議院議員、前横浜市長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑