【おしらせ】大停電に関する北海道民のご意見を募集します

2018年09月13日 12:00

この度の大地震で被災された北海道民の皆様に心からお見舞い申し上げます。直後には日本で過去にない規模での停電が全道で発生し、復旧への影響が続いています。

もし冬に同規模の停電が発生した場合、被災者が凍死するなどの「二次災害」も考えられた重大な問題でした。

運転停止中の泊原発を稼働していれば、今回の停電は回避できた可能性が高いわけですが、道民の皆様の受け止め方は複雑だとお察しします。多角的な論点から議論すべき問題であり、報道も冷静に議論すべきところですが、テレビでは、いま別件で話題の池上彰氏が北海道の大停電を解説する際に原発に言及しないなど、不可解な報道・解説に終始しています。

そこでアゴラでは、実際に“日本初のブラックアウト”を体験された北海道民の皆様の率直な思いをお尋ねしてみたいと思います。

大停電のあとどのような影響が身近に出ているか?
原発とどう向き合っていくべきか?
あるいは結論を出せずに悩ましい思い。
安倍政権のエネルギー政策
高橋はるみ知事へのご意見

など、お待ちしております。

投稿は800〜2000字。お名前・ご所属・肩書・簡単なプロフィール(100字程度)など、メールに直接書いていただいても、テキストファイル、ワードファイルの添付でも構いません。投稿を希望される方はアゴラ編集部(agorajapan@gmail.com)編集部あてにお送りください。原則実名制ですが、匿名希望の場合は連絡用に本名は書いていただいた上で、編集部アカウントの中でご紹介します。(そのほか詳しい投稿規定はこちら

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑