人は与えられた運命をどこまで愛せるのか?

2018年10月02日 17:00

気仙沼の唐桑地区にある「唐桑御殿つなかん」は菅野一代さんが経営する民宿です。

丸の内朝大学マネーコミュニケーションクラスのフィールドワーク2日目は、朝からランチタイムを挟んでお邪魔して、「唐桑御殿つなかんのセルフブランディングを考える」というテーマでグループワークを行いました(写真)。40名の受講生からたくさんのアイディアが出て、実現可能になりそうなプランもいくつか見つかりました。

結婚して唐桑にお嫁に来た一代さん。嫁ぎ先は元々は牡蠣や帆立の養殖業を営んでいたのですが、2011年の東日本大震災で全てが流され、来ていた服と長靴以外の財産を失いました。自宅も3階まで浸水し、再生は不可能と言われ、取り壊そうと思っていたそうです。それがボランティアの人たちのサポートによって蘇り、民宿として営業を始めました。

ようやく経営が軌道に乗り、家族で力を合わせて仕事をしていた時、もう一つの悲劇が一代さんを襲いました。

昨年3月、漁船の転覆事故が発生。乗船していたご主人と娘さん、そしてそのお婿さんがいなくなってしまったのです(お2人は行方不明)。

震災で仕事と生活基盤を失うという大きな試練にさらされ、さらに家族を失うという、追い打ちをかけるような出来事。あまりのショックに、一時は命を絶つことも考えたといいます。

しかし、そんな時に心の支えになったのが、おじいちゃんから教えてもらった「与えられた運命を愛せよ」という言葉だったといいます。

唐桑御殿つなかんFacebookより:編集部

私がつなかんさんを訪問したのは今回で3回目です。一代さんの明るい振る舞いを見ていると、自分が一代さんだったらどう思い、どう考えただろうかと、毎回自問自答が始まります。そこから湧き出る感情は、一代さんへのリスペクトだけです。

自分には到底到達できない強くしなやかな心。辛いこともまだたくさんあると思いますが、それを日々乗り越えて、明るく周りの人たちを巻き込んでいく。話を聞いているだけで勇気や感動を与えてくれます。

唐桑御殿つなかんは東京からのアクセスも悪く、温泉付の大きな浴場があるような豪華な旅館でもありません。ここに来る人は、一代さんに会いに来ます。宿について、のんびりして、ご飯を食べ、掘りごたつにみんなで入って、一代さんと話をする。ここにしかないプライスレスな価値です。

ここは、旅館や民宿ではなく「一代さんのお家」です。今回は日中の短い時間でしたが、閑散期の冬になったら、またゆっくりお家に遊びに行こうと思っています。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計19万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2018年10月2日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑