第4次安倍第1次改造内閣って確かに「い内閣」

2018年10月04日 17:00

10月2日、安倍晋三改造内閣がスタートしました。

内閣は国会で首班指名を受けて成立しますがが、現在の安倍政権は4回成立していますからそこで第4次安倍内閣。
今回はその改造内閣ということで、正式には「第4次安倍内閣改造内閣」です。
次に改造された場合は、第4次安倍内閣第2次改造内閣です。

今回の閣僚は19人で、そのうち6人が残留、いわば引き続き任務を務めることになりました。
副総理兼財務大臣の麻生太郎氏、官房長官の菅義偉氏、外務大臣の河野太郎氏、経済産業大臣の世耕弘成氏、経済再生担当の茂木敏充氏、国土交通大臣の石井啓一氏ですけれども、多くはいわば主要閣僚で、安倍内閣の骨格がそのまま継続されることを意味しています。

実質的に現在のアメリカ・トランプ政権は何を言い出すのか分からないので河野外務大臣や世耕経産大臣は引き続きTAG(日米物品貿易協定)交渉を進めていかなければなりませんし、また北朝鮮問題など外交案件について継続的に担う人が必要だったという意味もあるでしょう。

基本的に大臣をコロコロ変えるべきではありません。
以前も当ブログで「内閣改造なんて言葉があるのは日本ぐらいだ」と書きましたが、

2016/08/02「【内閣改造】大臣なりたい病なんてシカトが一番!」

国内向け政策の大臣はまだしも国際舞台に出る大臣はコロコロ変えない方が日本のためです。

一方で初入閣は12人。
この数だけでも多いですが、前回すなわち改造前までの安倍内閣は初入閣が6人で今回は倍増ですからやはり多いです。

その1人が山下貴司・法務大臣で、法務大臣政務官を務めていましたが、副大臣は経験していません。
当選3回ですから大抜擢でしょう。
とは言え当選回数など関係なく実力ある人を閣僚にすべきとかねがね考えていますので大賛成ですが、自由民主党の中ではかなり異例と言えます。

また総裁選を争った石破派の議員ですから、その意味するところは石破派から1人、内閣に入れて挙党態勢を作る。
しかし石破派の“大臣待望組”はすっ飛ばすことで派閥に対してはなかなか皮肉になっているわけです。
しかし大抜擢した結果、粗相があったら困りますが、検事出身で法務分野で明るいと安全な人として選んでいるはずです。

立憲民主党の福山哲郎幹事長は、安倍総理は”女性活躍”と言いながら女性閣僚は1人しかいないので「女性が1人しかいないかく(内閣)」と言っていました。
確かにその通りで、そもそも日本の女性国会議員の比率は世界ランキングで第161位とかなり下、その比率は10.1%しかいません。

自民党が10.0%ですからほぼ同じです。
今回、女性活躍担当などを兼務する片山さつき大臣ですが、私の聞く限りでは安倍総理とはそんなに関係が良い人ではないようです。

それでも起用するということはとにかく女性議員が、いないんです。


編集部より:この記事は、前横浜市長、元衆議院議員の中田宏氏の公式ブログ 2018年10月4日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
中田 宏
元衆議院議員、前横浜市長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑