お体にご自愛、役不足で主演はできません。どんな印象?

2018年10月29日 06:00

画像はphoto-ac.comより

昨年くらいから、AI(人工知能)が話題になっています。AI の発展で人間がやる必要のない作業を中心に、少しずつ代替が進んでくることが予想されています。しかし、本質的な人間の関わりの部分が無くなることは考えにくいでしょう。

10月15日に、筆者として11冊目の書籍『即効!成果が上がる文章の技術』(明日香出版社)を上梓しました。出版に併せて、数ヶ月前から「個人のtwitter」でQ&A形式のツイートを重ねてきました。1日に4~5本の投稿をしていたので既にかなりの数になります。そのなかで、反響の大きかったものを5つ紹介したいと思います。

--ここから--
(1)ご自愛編
A氏:営業の小山部長、インフルエンザらしい
B氏:お体には「ご自愛」しないと!

「ご自愛」は自分の体を大切にすることの表現です。「お体」の後に続けると「重ね言葉」になります。正解は「ご自愛下さい」。これだけで十分です。

(2)潮時編
A氏:事業の成果が出ない。万策尽きたな
B氏:「潮時」かもしれませんね

「潮時」は限界が迫っているときに使いがち。本来は「一番いい時期」をさす言葉。この文脈で使用するなら次のほうがベターです。「手詰まり」「万事休す」など。

(3)さわり編
A氏:明日のプレゼンの役割を決めよう
B氏:最初の「さわり」の部分は僕がやります!

「○○のさわり」は、最初の部分の意味で思われがち。本来は「もっとも盛り上がる箇所」のこと。要点や印象に残るところをさしますのでご注意を。

(4)破天荒編
A氏:取引先の松田専務だが転勤されるそうだ
B氏:「破天荒」な方でしたね

「破天荒」は豪快で大胆な様子の意味で使われがち。本来は「今までできなかったことを成し遂げる」こと。「前人未到の境地切り開く」こと。ほめ言葉になります。

(5)役不足編
主役A氏:私は役不足なのでレ・ミゼラブルの主演はできません

本来は「能力に対し役目が軽いこと」を意味します。この流れでは、「レ・ミゼラブルの主演は軽すぎて不満」という解釈になります。ずいぶんと傲慢な印象です。
--ここまで--

twitter用にまとめていることから、読みやすいのかも知れません。また、長く使用されてきた言葉のなかには一般化されているものが少なくありません。専門家でも見解がわかれています。拙著『即効!成果が上がる文章の技術』(明日香出版社)は出版後1週間で重版が確定しました。この場をかりて皆さまに御礼を申し上げたいと思います。

尾藤克之
コラムニスト

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
尾藤 克之
コラムニスト、明治大学サービス創新研究所研究員

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑