次の総理?重厚感がある人がいいな

2018年10月29日 06:00

当たるも八卦、当たらぬも八卦の類なので、読み流しても聞き流しても結構なのだが、私の願望を書いておく。

いつになるかは分からないが、どんなことが起きてもいいように、そろそろ準備をしておいていただきたい。

外務省サイトより:編集部

いずれは河野太郎氏や小泉進次郎氏が名乗りを上げるだろうが、お二人にはやや難がある。

麻生さんから常識を磨けと諭されたという河野氏は、外務大臣としては頑張っておられるが、事案によっては役人を怒鳴り飛ばすようなところがあり、長になった時にどういうことを言い出すか不安になってしまう人が多そうだ。不安の人を自分のファンに変えるまで今しばらく修行が必要なはずだ。

もう一方の小泉氏はまだ「未熟」の一言で片付けられてしまう虞があるから、じっくり汗を掻いて、まずはご自分の仲間を作り上げる必要がある。

結局、今回の総裁選を争った石破さんと総裁選に出ることを止めた岸田さんのお二人が安倍総理の後の次の自民党総裁・総理の有力候補だというのが定評になるのだろう。

しかし、石破さんについては今回の自民党総裁選で安倍さんについた人を全員敵にしたような感じが残っており、そう簡単に自民党を一本にまとめることは出来そうにない。

岸田氏インスタより:編集部

それでは岸田さんがいいか、ということになると、これも結構難しい。

如何にも戦に弱そうで、難局に立ち向かう勇猛さに欠けているように見られてしまうだろう。平時にはうってつけの総理・総裁候補だろうが、厳しい戦いに挑むには如何せん迫力不足である。

どんな難局に遭遇しても平然と立ち向かい、決して敵に後ろを見せず、しかも自陣営の人間を切り捨てたり、傷付けたりせず、最小のコストで最大の利益を上げてくれそうな聡明で誠実な指導者が、現在の自民党の中にいるのか、いないのか。

まあ、その時はその時のこと、と言って、今はあれこれ人物定めをしない方がいいのかも知れないが、私は今は自民党の中にいないので、勝手なことを書いておく。

いるんじゃない?というのが、現時点での私の答えである。

官房副長官を経て、一億総活躍改革担当大臣やら厚生労働大臣を務め、現在自民党の総務会長の加藤勝信氏が次の自民党総裁候補に急浮上してきた、という報道があった。

さすがにマスコミの目の付け所はいい。
データ隠し問題で大揺れに揺れた厚生労働省を最後まで守り切ったような印象がある。初代の内閣人事局長を経験しているくらいだから、すべての役所を抑える実力を持っているかも知れない。

派閥の長でもなんでもないから、未だ実力者とは看做されないだろうが、敵は少なく、結構勝負強そうだ。なにしろ参議院選挙に1回、衆議院選挙に1回と2度も落選を経験しながら、今日の地位に就いている。

起き上がり小法師のような逞しさがある。

いいんじゃない?


編集部より:この記事は、弁護士・元衆議院議員、早川忠孝氏のブログ 2018年10月28日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は早川氏の公式ブログ「早川忠孝の一念発起・日々新たに」をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑