バロンズ:中国の景気刺激策、先進国の利上げ期に花開くか

2018年10月29日 06:00

バロンズ誌、今週のカバーは中国株を取り上げる。中国株は1月の高値から27%下落し、上海総合は時価総額を3兆ドル相当吹き飛ばした。中国の7〜9月期成長率は前年同期比6.5%増と2009年以来の低い伸びにとどまる。米中貿易戦争が苛烈さを増すなか、中国自体、規制面、金融面、経済面で困難に直面する状況だ。2015年や2016年のように、経済減速により人民元の切り下げを余儀なくされうる。その半面、中国は数々の景気刺激策を公表している。MSCIチャイナ・インデックスの2019年の予想株価収益率(PER)は9.4倍と約2年ぶりの水準まで低下し、割安感も出てきた。果たして今が中国株の買い時なのか。詳細は、本誌をご覧下さい。

当サイトが注目するアップ・アンド・ダウン・ウォールストリートも、今週は中国に焦点を当てる。抄訳は、以下の通り。

中国、株安阻止に向けあらゆる措置を講じる構え—China Will Do “Whatever It Takes” to Stop Its Falling Stock Market.

上海総合は10月23日に2.3%下落、前日の上昇分を半分以上巻き戻し、世界株安の引き金を引いた。しかし、テクニカルやファンダメンタルズでみると、1月24日につけた高値から27%も下落し弱気相場入りした上海総合は、底打ちの兆しが見て取れる。

エバーコアISIで中国ウォッチャーを務めるドナルド・ストラスゼイム氏によれば、中国は欧州債務危機に揺れるなか、2012年に欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が確約したように、”あらゆる措置を講じる”態勢にある。習近平主席は10月21日、民間セクターに”揺るぎない”支援を提供すると約束した。西側諸国と違い、中国は指導者の決断により必要な措置を講じることが可能だ。

こうした手段の中には、人民銀行による中債信用増進公司への100億元(約14億ドル)の供給が含まれ、同措置によって民間企業の債券発行に信用面でサポートする構えだ。中国証券監督管理委員会も、民間企業への支援策を打ち出す。新華社通信は、所得税減税のドラフトを伝えた。

上海総合、ボトムアウトできるのか。

shanghai
(出所:Stockcharts)

ストラテガス・グループのテクニカル戦略チームは、レポートで中国株の底打ちを予想した。中国株の弱気派に、ショートカバーを求めるものだ。

ビアンコ・リサーチによれば、上場投資信託(ETF)の投資家は、米中貿易戦争や中国経済指標でネガティブなニュースが飛び込んで来る中でも、足元で中国関連のETFに資金流入させているという。過去3ヵ月間、投資家は中国関連のETFを13億ドル買い越しした一方、ブラジル関連のETFを9億ドル売り越ししていた。

ルーソールド・グループのダグ・ラムジー最高投資責任者(CIO)いわく、中国は信用緩和であらゆる手段を講じる一方で、世界の金融政策は引き締め方向に針路をとっている。米国は利上げで先頭に立ち、今後も利上げを継続する方針を表明済みだ。中国の指導者は、信用拡大阻止と米中貿易戦争の深化を受け弱気相場に入った中国株を支援するため、”あらゆる措置を講じる”と確約した。米国には”Fedに逆らうな”との言葉があるが、中国では相当する訳語が存在するのだろうか。


バロンズ誌はカバーで中国株底打ちの可能性を論じるなか、名物コラム担当者はその意見に同調するとみせかけ、中国当局の景気刺激策に疑問を投げかけています。バロンズ誌が、コラム執筆者の考えを尊重する経済・金融誌ということの現れです。別の国では、こうはいきませんよね。

パウエル議長率いる米連邦公開市場委員会(FOMC)は少なくとも2020年まで利上げを続ける方針を打ち出すなか、ECBは年末に資産買入策を終了する予定です。その陰で、カナダ銀行は追加利上げを実施、北米自由貿易協定(NAFTA)2.0すなわちUSMCAの合意により不確実性が払拭されるなか、利上げペースを加速する姿勢すらちらつかせています。

さらにノルウェーは9月に7年ぶりの利上げに踏み切り、スウェーデンも年末か2019年2月に利上げを行うシグナルを点灯させました。先進国が利上げに向かうなか、流動性の低下はエマージング国の需要にも影響を及ぼしかねず。世界の流動性低下局面で、中国の景気刺激策がどれだけの効力を発揮するのか、新しい事例となることは間違いありません。

(カバー写真:Philip Roeland/Flickr)


編集部より:この記事は安田佐和子氏のブログ「MY BIG APPLE – NEW YORK -」2018年10月28日の記事より転載させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方はMY BIG APPLE – NEW YORK –をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑