声を荒げて一世一代! あなたは大丈夫ですか?

2018年11月02日 06:00

画像はphoto-ac.comより

昨年くらいから、AI(人工知能)が話題になっています。AI の発展で人間がやる必要のない作業を中心に、少しずつ代替が進んでくることが予想されています。しかし、本質的な人間の関わりの部分が無くなることは考えにくいでしょう。

10月15日に、11冊目の書籍『即効!成果が上がる文章の技術』(明日香出版社)を上梓しました。読者ニーズを探るため、数カ月前からQ&A形式のツイートを重ねてきました。その中で、読み方の間違いが多かったものを5つ紹介します。皆さまはお分かりですか?

--ここから--
(1)荒げる編
A氏:今年の新人あまりにミスが多いので叱り付けたよ
B氏:声を「荒らげた(あらげた)」ってことですね

「荒げる」は「あらげる」or「あららげる」と読むことができます。態度を「荒々しくする」が語源。正解は「あららげる」です。

(2)一世一代編
A氏:こうなったら、いっせい一代の大勝負だ
B氏:頑張ってください!

「一世一代」は、一生に一度だけあるかどうかの意味で使われます。「一世(いっせい)一代」と読む人が多いと思います。正解は「一世(いっせ)一代」です。

(3)選りすぐり編
A氏 美味しそうなフルーツだね
B氏 「選りすぐり」だからね

「選りすぐり」は、さらに選び抜かれたものという意味があります。読み方は「よりすぐり」「えりすぐり」どちらも正解。「える」から転じた読みが「よる」になったとされています。

(4)御用達編
A氏:これは美味しいフルーツだ
B氏:「宮内庁御用達(ごようたし)」ですから

「御用達」を「ごようたし」と読んでしまいがちです。ごようたし、ごようだち、ごようだち、いずれも正解です。一般的には「ごようたし」が多いようです。

(5)綺羅星編
A氏:なんと、あそこにいるのはわが社の経営メンバーでは!
B氏:「綺羅星(きらぼし)のごとく」ですね

「綺羅星のごとく」は、「綺羅、星のごとく」と読むのが正解。「綺羅のように星が空に輝いている」「地位や権勢」をあらわします。「綺羅星」と続けるのは誤用です。
--ここまで--

いかがですか?twitter用にまとめていることから、読みやすいのかも知れません。また、長く使用されてきた言葉のなかには一般化されているものが少なくありません。専門家でも見解がわかれています。拙著『即効!成果が上がる文章の技術』(明日香出版社)は出版後2週間で3刷が確定しました。この場をかりて皆さまに御礼を申し上げます。

尾藤克之
コラムニスト

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
尾藤 克之
コラムニスト、明治大学サービス創新研究所研究員

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑