宇和島闘牛

2018年11月05日 11:30

小さい頃は桃太郎電鉄に、はまった。
僕の地理や特産の知識は、だいたい桃太郎電鉄が基盤だ。

その頃から、宇和島=闘牛という強烈なイメージがついた。一生の間に、一度は行きたい場所のひとつになった。

◇◇◇

闘牛は、年5回開催。愛媛に来てからも、なかなかチャンスがなかったが、ようやく足を運ぶことができた。角と角、体と体をぶつける大迫力。10試合3時間、見入ってしまった。

44939473_1932361406818835_8347551737602637824_n

宇和島闘牛の歴史や詳細は、こちらの公式サイトや井上靖さんの『闘牛』を見てほしいが、原始的な闘いであるがゆえに、ドラマを感じる。動物であるがゆえに、予想外のことが起きる。それが面白い。

逃げたら負けだが、ずっと押していた方が反撃されて一瞬でひるむこともある。角が折れることもある。一瞬も目が離せない。そばで激励する勢子も命懸けだ。

たかちゃんBirthday 内子・宇和島_181029_0002

全試合終了後は、横綱戦に勝った最強の牛と一緒に写真を撮ることができる。
鼻がくくられると、さっきまで激しく闘っていたのが嘘のようにおとなしくなる。牛の体温、鼻息、力強さを感じた。

丑年生まれも何かの縁。また見に行きたい。

<井上貴至 プロフィール>


編集部より:この記事は、井上貴至氏のブログ 2018年11月5日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は井上氏のブログ『井上貴至の地域づくりは楽しい』をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
井上 貴至
前鹿児島県長島町副町長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑