経営者がハワイや軽井沢に行く、もう一つの「目的」

2018年11月07日 11:30

日本国内なら軽井沢、海外ではハワイは、リゾート地として人気のあるエリアです。純粋にリラックスするために行く人がほとんどかもしれませんが、経営者にとっては、それ以外のメリットもあるのです。

それは、普段東京で仕事をしている時には、なかなかアポイントメントが取れない人に、リゾート地に行くとすんなり会うことができたりすることです。

リゾート地に行くと、普段に比べて時間の余裕ができます。また、リラックスした気分になっているので、カジュアルに食事を一緒に食べたり、ゴルフやマリンスポーツを一緒に楽しんだりといった展開になりやすいのです。

今回のハワイでも、ひょんなことから、融資でお世話になっている銀行の役員の方がホノルルに来ていることがわかりました。一緒にスタディツアーに来ている方に紹介いただき、お話することができました。

通常のルートでアポイントメントをお願いしても、お会いする理由も無かったと思います。それが、ホテルの部屋でいきなりカジュアルにお酒を飲みながら談笑するような間柄になってしまうのです。

東京だと、それなりのレストランに数か月前から予約を入れて、堅苦しい雰囲気から始まって、時間をかけて人間関係を構築しなければなりません。

スーツではなく普段着で、仕事の話はあまり関係なく、短い時間でお互いの懐に入りこむことができる。こんなことは都会のビジネスシーンでは、実現できない展開です。

とは言え、このようなチャンスに巡り合うためには、間に入る人の存在が不可欠です。知らない人同士のままでは、リゾート地に行っても接点はないからです。お互いの知り合いを、リゾートで紹介することで、スピーディに人間関係を構築できる。軽井沢やハワイには、そんなメリットがあると思いました。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計19万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2018年11月7日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑