「おざなり」は「なおざり」?当社は上意下達(げたつ)?

2018年11月08日 06:00

photo-ac.com

昨年くらいから、AI(人工知能)が話題になっている。AI の発展で人間がやる必要のない作業を中心に、少しずつ代替が進んでくることが予想されている。しかし、本質的な人間の関わりの部分が無くなることは考えにくい。

10月15日に『即効!成果が上がる文章の技術』(明日香出版社)を上梓した。読者ニーズを探るため、数カ月前からQ&A形式のツイートを重ねてきた。その中で、比較的反響が大きかったものを6本紹介したい。

--ここから--
(1)有り得る編
A氏:例の件は、鈴木君がやったという噂だ
B氏:「有りえる」話です

「有り得る」は、起こる可能性がある。または、当然考えられるという意味で使用します。読み方は、「有りえる」ではなく「有りうる」です。

(2)おざなり編
A氏:お前、お客さんのフォローやってるか?
B氏:最近バタバタで「おざなり」です(汗;

「おざなり」と「なおざり」。「おざなり」は、いい加減な言動でその場を取りつくろうこと。「なおざり」は、そのままの状態で放っておくこと。

(3)カタカナ語編
○シチュエーション
×シュチエーション
正解は、situationで「筋を展開させる」意味。

○シミュレーシュン
×シュミレーション
正解は、simulationで「模擬実験」の意味。

(4)とんでもございません編
A氏:お気遣をありがとう
B氏:「とんでもございません」

思いがけないことの意味で「とんでもない」を使うことがあります。「とんでもない」は言葉なので「ない」を加えるのは誤用。「とんでもないことでございます」が正解。

(5)代替案編
A氏:先方の提案は納得できない
B氏:「代がえ案」を出させましょう

「代替案」を「代がえ案」と読む人がいますがこれは誤用です。正しくは、「代たい案」。
提出されている案に代わる案、要件を満たす案という意味です。

(6)上意下達編
A氏:ウチはトップダウンだな
B氏:「上意下達(げたつ)」ですね

「上意下達」は上の命令を下に伝える意味として使います。「上意(げたつ)」と読む人がいますが、正解は「上意(かたつ)」。対義語は下意上達(かいじょうたつ)」。
--ここまで--

コンパクトにまとめていることから、読みやすいのかも知れない。言葉のなかには、誤用とされながらも既に一般化されているものが少なくない。とくに、慣用句は、習慣として長い間広く使われてきた言葉や言い回しになるが、一般化されているものは誤用とは言えない。この辺りは専門家でも見解がわかれている。

なお、拙著『即効!成果が上がる文章の技術』(明日香出版社)は出版後2週間で3刷と好調を維持している。この場をかりて皆さまに御礼申し上げたい。

尾藤克之
コラムニスト

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
尾藤 克之
コラムニスト、明治大学サービス創新研究所研究員

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑