木材業界のZOZOTOWN。eTREEがオープン

2018年11月23日 11:30

なぜ日本の林業は、儲からないのだろうか。

需要を上回る供給が続いているのが要因だが、それだけではない。原木市場や製材市場等複雑かつ多段階な流通のため、林業経営者に利益が還元されにくいことも大きな理由だ。

11月20日にオープンしたeTREEは、誰でも入れる、何でも買えるインターネット木材市場。建築材や一枚板などの用途、杉や檜などの種類から、工務店や施工主が直接選ぶことができる。
about-etree-system(画像提供:(株)森未来)

木目が美しく価値が高い銘木も、田舎の倉庫に眠っていることが少なくない。どこに何があるのか、よく分からないためだ。

林業家にとって、eTREEで木材を販売するのは簡単。東京あきるの市の拠点に送るだけでいい。ネット販売に必要なデータや写真はeTREE側で準備。販売手数料はかかるが、固定費はかからない。ZOZOTOWNとよく似たモデルだ。

eTREEでは、林業業界で働く人を積極的に取り上げる。運営する(株)森未来の浅野純平社長は、林業家の木材に対する思いを、一般のユーザーに伝えたいと意気込む。

ZOZOTOWNがアパレル業界に新風を巻き起こしたように、eTREEも起こすか。そして、日本の林業が儲かり、田舎への回帰が進むのか、注目していきたい。

もう少し知りたい!
国内初のCLT一貫生産工場!アメリカにヒノキを輸出!製材業界のチャレンジャー「サイプレススナダヤ」
キコリンジャーと発明ラボで、新しい林業を目指す高知県佐川町
あふれる香り!愛工房の「奇跡の杉」
後藤國利さんの明るい森づくり ~詐欺林に騙されるな~

<井上貴至 プロフィール>


編集部より:この記事は、井上貴至氏のブログ 2018年11月23日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は井上氏のブログ『井上貴至の地域づくりは楽しい』をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
井上 貴至
前鹿児島県長島町副町長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑