(変更あり)ICPFセミナー「電波改革はどこまで進んだのか:小林前大臣政務官に聞く」

2018年11月27日 06:00

この1年半ほど、電波改革に関わる動きが起きています。2017年5月には自由民主党行政改革推進本部に対して、党内の官民電波利活用PTが「公共用周波数の民間開放に関する緊急提言」を提出しました。また、規制改革推進会議は新しい割当方法の導入など電波制度改革に言及した「規制改革推進に関する第2次答申」を同年11月に決定しました。

官民電波利活用PTによる緊急提言を主導し、その後、総務大臣政務官に就任された小林史明衆議院議員は、総務省内で電波制度改革に向けて意欲的に活動されてきました。このほど政務官を退任されたこともあり、一つの区切りとして、電波政策の最新動向についてご講演いただくことにしました。どうぞ、皆様ご参加ください。

追記28日:開催時間と会場等が変更になりました

主催情報通信政策フォーラム(ICPF)
日時:12月18日火曜日17時半から18時45分頃(19時までに撤収)
場所衆議院第二議員会館第8会議室(地下1階)
講師:小林史明自由民主党衆議院議員(前総務大臣政務官)
司会:山田 肇(ICPF)
定員:50名
会場費無料
申込はこちらに

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑