ご教示とご教授の違い、なしのつぶての“なし”ってなに?

2018年12月03日 06:01

昨年くらいから、AI(人工知能)が話題になっています。AI の発展で人間がやる必要のない作業を中心に、少しずつ代替が進んでくることが予想されています。しかし、本質的な人間の関わりの部分が無くなることは考えにくいでしょう。

10月15日に、筆者として11冊目の書籍『即効!成果が上がる文章の技術』(明日香出版社)を上梓しました。出版に併せて、数ヶ月前からtwitterで文章に関連するツイートを重ねてきました。そのなかで、反響の大きかったものを5つ紹介します。

--ここから--
<1.ナシのつぶて編>
A氏:彼女にLINE送ったけど返信ない。
B氏:「梨の礫」ですね。

「なしのつぶて」は連絡をしても返事の無いこと。無視。
なしは梨に語呂をあわせ、礫には石の意味があります。

ナシの礫、梨の飛礫とも書きます。
現代風に言えば「シカト」も同じ意味。

<2.芝居編>
A氏:昨日、社長を歌舞伎を見に行ったよ。
B氏:社長も「芝居」好きですね。

江戸時代、芸能は境内の芝生に座って鑑賞しました。
「芝居」は観客のことを指しました。

今はあらゆる芸能を「芝居」と言います。
人を騙す演技も「芝居」と表現されます。

<3.他人事編>
A氏:ウチの社員には当事者意識が足りない。
B氏:しょせんは「他人事(たにんごと)」ですから。

正しい読み方は「他人事(ひとごと)」です。
人事には「じんじ」「ひとごと」の読み方があります。
区別するために「他人事」にしたと言われています。

<4.他でもない編>
A氏:ここに呼んだのは「他(ほか)」でもない。
B氏:例の件ですね。承知しております。

「他」は相手に強く印象づけるための語です。
まさにそれ、という意味合いになります。

それ以外のことではない。
他の何事でもはない。
正にこの事のみである。

<5.ご教示編>
A氏:君には期待しているよ。
B氏:今後とも「ご教示」のほどお願いします!

ご教示、ご教授も間違い易い言葉です。
ポイントは継続性の有無。

ご教示=短期(簡単なことをその場)で教えてもらう場合
ご教授=比較的長期に渡って教えを乞う場合
--ここまで--

長く使用されてきた言葉には一般化されているものが少なくありません。その解釈については専門家でも見解がわかれています。拙著『即効!成果が上がる文章の技術』(明日香出版社)は出版後2週間で3刷と堅調です。この場をかりて皆さまに御礼を申し上げます。

尾藤克之
コラムニスト、明治大学サービス創新研究所・研究員
————————————
FB:https://fb.com/bito1212
TL:@k_bito

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
尾藤 克之
コラムニスト、明治大学サービス創新研究所研究員

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑