人生の何にも当てはまる『3ステップの法則』とは?

2018年12月09日 06:00

私の父は、若い頃に少林寺拳法を習っており、三段を持っています。昔父が、段位が上がる過程での考え方の変化について話してくれて、その話が興味深かったので紹介します。

⑴初段
俺様は最強だ!怖いものなぞ何もないぞ!
⑵二段
周りを見ると、俺より強そうな奴がうようよいるぞ!
⑶三段
そもそも「強さ」とは、何だろう?

この話、ビジネスの世界でも同じことが言えると思います。以下に、私の考え方の変化を書きます。

⑴入社当初
とにかく認められたい!出世したい!給料を上げたい!
⑵部下を持つ
頑張ってる部下を、どう出世させるか、どう給料を上げるか
⑶その先
自分も部下も、ヨソの会社でも通用する力を身に付けるにはどうしたらいいのか?

このような過程です。

私はこの過程を『3ステップの法則』と勝手に呼んでいます。一般化すると次のようになります。

⑴とにかく自分本位で、ひたすら突っ走る状態。
⑵周りを冷静に見て、自分の立ち位置や役割を考える状態。
⑶自分のやってることの本質を突き詰めていく状態。

私は、真のビジネス力とは、どこへ行っても通用する会社の看板に依存しない力、だと思っているので、3ステップ目は上記のようになりました。

皆様それぞれの『3ステップの法則』を考えてみると、客観視する力がつくと思います。是非お試しください。


この記事は、株式会社まんまる笑店代表取締役社長、恩田聖敬氏(岐阜フットボールクラブ前社長)のブログ「片道切符社長のその後の目的地は? 」2018年12月8日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
恩田 聖敬
株式会社まんまる笑店代表取締役社長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑