忠臣蔵、浅野内匠頭の刀があと3センチ長かったら

「この間の遺恨、覚えたるか」 元禄14年3月14日江戸城殿中松の大廊下で、播磨赤穂藩の藩主である浅野内匠頭(あさのたくみのかみ)が吉良上野介(きらこうずけのすけ)に刃傷におよんだ場面で始まる「忠臣蔵」。刃傷におよんだ理由 … 続きを読む 忠臣蔵、浅野内匠頭の刀があと3センチ長かったら