高知・沢田マンション1階のお洒落なレストラン「藁屋」

2018年12月18日 06:00

高知市の「沢田マンション」を御存じだろうか。

オーナー御夫妻が、40年以上かけて、自分たちの手で作ってきたマンションだ。中は、まるで迷路のよう。約100の部屋があるが、一つとして同じ間取りはないという。

48420051_352521838897057_7118113161529524224_n

配管はむき出し。コンクリートは打ちっぱなし。凸凹が半端ない。北側の通路は、下の階の採光を良くするため、鉄格子。大雨が振れば水浸しになるという。

当時、1機数百万円するエレベーターをつけるお金がなかったので、まずは、代わりに緩やかなスロープをつけたという。だから、4階まで車で上がることができる。自由で、柔軟な発想でつくった最先端建築だ。

ジャングルのような共用のベランダを通らなければ、家に入れない部屋もある。自ずから挨拶やコミュニケーションが生まれる。東京大学名誉教授の内藤廣先生をして、「あそこは、集まって住むことの楽しさが、見事に生まれているところです。」と言わしめた。

「自然と共に暮らしたい」と、通路は鉢、蔦。屋上は畑が所狭しと並ぶ。孫のために作った大きな池もある。豚を飼っているのには驚いた!

48382994_2168430313410948_7625201954255273984_n

48323905_345253736293862_1321382263828512768_n
ワイルドだからこそ発想力が沸き上がってくる。今では、多くのアトリエやお店が入居する。六本木ヒルズ顔負けの職住接近の空間だ。

48385639_607001066402668_6614320133433196544_n

1階のレストラン「藁屋」。沢田マンションの雰囲気とは好対照な、お洒落な空間。地元の野菜を生かした定食やカレーが食べられると大人気だ。美味しかったのでコーヒーとケーキまでいただいた。

48360992_743500766025114_7249977062767722496_n

48382574_432877250580646_341135023094628352_n

48278095_349532918931170_3725649246108516352_n

『沢田マンション物語』によると、お金がなくて困っている人からは家賃を取らなかったことも、夜逃げで家賃を踏み倒されても笑ってすませたこともあるという。

お金がないからこそ自分で作って工夫し、お金を求めないからこそ独特の空間が生まれた。高知に行く際にはぜひ足を運んでほしい。

※沢田マンションは、100人以上が暮らしている居住空間ですので、見学には事前にオーナーに連絡する、のぞき見はしない、屋上等許可された区域以外では撮影しない等のマナーを守ってください。

もう少し知りたい!
手で動かすエレベーター!築80年の銀座一丁目の奥野ビルが面白い。

<井上貴至 プロフィール>


編集部より:この記事は、井上貴至氏のブログ 2018年12月16日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は井上氏のブログ『井上貴至の地域づくりは楽しい』をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
井上 貴至
前鹿児島県長島町副町長

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑