アレルギーの子どもにも、おいしい喜びを。玄米農家が生んだ安心安全なお菓子とは

2018年12月23日 06:00

株式会社マイセン(以下、マイセンさん)より、こども宅食に「おいしい玄米クッキー」をご寄付いただきました!ありがとうございます。

マイセンさんは、玄米や玄米をもとにした食品を開発、販売している企業です。

今回ご寄付いただいたのは「おいしい玄米クッキー」

ご寄付に至った経緯には「日本の子どもの貧困に何かしたい」「アレルギーのお子さんに安心安全のお菓子を届けたい」という熱い思いがありました。

マイセンさんは、もともと玄米中心のお米農家。

栄養価が高い玄米ですが、おいしく炊くために、長く水に浸す必要があるなど、食べるまでにハードルが高い食べ物でもあります。

「どうしたら、玄米をおいしく食べてもらえるだろう」

そう考えて生まれたのが、今回ご寄付いただいた「おいしい玄米クッキー」などのお菓子やスイーツです。

マイセンさんは、玄米クッキーのほかにも、「ほっと玄米焼きドーナツ」や「大人の玄米アイス」など、名前を聞いただけで小腹が空きそうな、素敵なスイーツがあります。

さらに、この玄米クッキーは、アレルギーがある方でも食べられるように、3大アレルギーである、小麦・卵・乳すべて不使用なんです!

アレルギーがあるお子さんでも、安心して食べられますね。

「おいしい玄米クッキー」のような、「安心して子どもに食べさせられるお菓子」は、子育てをする保護者にとって、非常にありがたく心強い味方です。

お届けしたご家庭からは、このような声が届いています。

「お菓子を毎回、子どもが楽しみにしています!健康的なクッキーをいただけて嬉しいです」

「お菓子自体、自分ではあまり買わないので、助かりました。子どもも喜んでいます」

「子どもはやっぱり、お菓子をチェックするのが早いです。

クッキーは小麦や卵、乳を使っていないのも、いいですね」

マイセンさんはこれまで、国連の学校給食の取り組みなど、海外のお子さんを対象にCSR活動を行ってきました。

「日本の子どもの貧困に対して、何かしたい」そう思っていたときに、こども宅食を見つけてくださり、ご寄付につながりました。

そこには、何かしたいという思いに加えて、「利用家庭の中にも、アレルギーのお子さんがいるのでは」という親子への気遣いがありました。こども宅食にとっては、本当にありがたいご縁です。

今後も、多くの方々とのご縁をいただきながら、より多くの家庭をサポートしていきます。

また、引き続き運営資金をふるさと納税で集めています。応援をよろしくお願いします。


編集部より:この記事は、認定NPO法人フローレンス代表理事、駒崎弘樹氏のブログ 2018年12月22日の投稿を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は駒崎弘樹BLOGをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
駒崎 弘樹
認定NPO法人フローレンス代表理事

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑