お金持ちになると、下戸までブルゴーニュの赤ワインを飲みだす不思議

2019年01月06日 16:00

昨日はリッツカールトン東京のプライベートダイニングでブルゴーニュの天才赤ワイン醸造家オリヴィエ・バーンシュタイン氏をゲストにワイン会を開催しました(写真)。

資産設計実践会メンバー限定ということで、9名という少人数で、造り手本人からの解説を聴きながらワインを楽しむという贅沢な時間です。

ブルゴーニュの赤ワインはここ数年価格が高騰しています。生産本数が増やせないのに、世界中からの需要が拡大しているからです。

赤ワインの頂点は良く知られているロマネコンティですが、1本200万円以上します。それでも手に入れたいという愛好家がいるから、この価格で実際に取引が行われているのです。

不思議なのは、ビジネスパーソンが仕事で成功し、まとまった資金を手に入れると、なぜか高級ワインを飲み始めることです。それも、最初はボルドーの5大シャトーのようなわかりやすいワインに興味を持ち、しばらくするとブルゴーニュの有名な造り手によるカルトワインに傾倒していきます。

私の知り合いの起業家の男性は、以前は下戸でお酒がまったく飲めなかったのに、今やブルゴーニュの赤が最高!と高級ワインを集めまくっています。本当に味がわかっているのかはよくわかりませんが、ブルゴーニュの赤には下戸をワイン好きにさせるくらいの魅力があるということでしょう。

男性の場合、急にお金持ちになっても、お金のかかる趣味はあまりありません。男性誌を見ると、いつも特集が組まれているのは「車と時計」です。確かに高級な車や時計は数千万円を超えるものもありますが、それ以外にはあまり使い道がないというのも事実です。

ワインは車や時計のような、自己満足のコレクションという男性的な趣味ではなく、男女問わず、食事と一緒に楽しむこともできます。そして、知識や教養も求められます。車、時計に続く「第3の趣味」として、これからもっと注目されると予想します。

今回のワイン会も参加者の半分は女性。あっという間の3時間でした。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計19万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2019年1月6日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑