ZOZO前澤氏「お年玉1億円」への批判は「男の嫉妬」

2019年01月09日 11:30

ファッションサイトのZOZOTOWNを運営する前澤友作社長が、100万円を100人にプレゼントするお年玉企画を実施しました。前澤氏のツイッターをフォローしてリツイートして応募するという方法だったことから、ツイッターのリツイート数で世界新記録になるなど、大きな話題になりました。

前澤氏(ツイッターの旧画像より):編集部

この企画に対しては、ネット上でも賛否両論あるようです。好意的な反応が多い中、批判の声も聞こえてきました。

例えば、フォロワーをお金で購入して良いのか、あるいはキャンペーン応募のため複数アカウント作成について注意喚起を行わないことは手続き上の不備があるといった批判。

また、フォロワーが増えてもお年玉が終われば解除されるから効果がないといった批判をしている人もいました。

さらに、お金で人を釣るのは粋ではなく下品だとか、金に群がる人にガッカリといった感情的な批判。

確かに、初めての企画ですから、事前に考慮しても不備が生じることはあるかもしれません。しかし、そんな揚げ足取りをする前に、新しいことに挑戦している姿勢をまずはポジティブに評価すれば良いのにと思います。間違っていることがあれば、次から修正していけば良いだけの話です。

お金に群がっているだけだからフォロワーが増えても結局大した効果が無いという批判も、的外れです。一定のアカウント数はそのまま留まるでしょうし、今回の企画で認知度はさらに高まり、1億円という「コスト」に対する効果は充分あったと言えます。新聞広告やテレビCMよりも費用対効果は圧倒的に良いと言えるのです。もし、私が同業他社のマーケティング担当者だったら、ライバルのマーケティングにやられてしまったと、自分の能力不足を恥じると思います。

下品とか粋でないといった批判は、もはや個人のお金に対する考え方です。私は、お金を持っている人が、自分で溜め込まず、お祭りのように楽しくみんなに分けるのは、良いことだと感じました。

今回の「お年玉1億円」を批判しているのは「おじさん」に多いように感じました。彼らの批判は、単なる「男の嫉妬」ではないかと思ってしまいます。

ビジネスで大きな成功を収め、月に旅行に行こうと計画したり、球団を買いたいと言い出したり、好きなことをやっている。そして有名女優とプライベートジェットで旅行に行って、現代アートに100億円お金をつぎ込んだりとやりたい放題。男だったら誰でも夢見ることを全て実現してしまった。同じ男性として自分と比較して、悔しい気持ちはよくわかります。

しかし、それを色々と難癖つけて批判する方が、よっぽど下品で粋ではない行動です。世襲ではなく、自分の力だけでゼロから欲しいものを手にした男を素直に称賛する。そしてもし悔しいなら、自分も前澤氏に近づけるようにもっと努力すれば良いだけの話です。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計19万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2019年1月9日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑