日韓レーダー照射問題;日本人の誇りと矜持を賭けて断固戦え!

2019年01月22日 06:00

毎日新聞に「防衛省は21日、韓国海軍駆逐艦の火器管制レーダー照射問題を巡り、韓国側との協議を打ち切ると発表した。」との記事が出ていた。レーザーが照射されたのかどうか、真実は一つしかないはずだ。

レーダー照射をしてきた韓国海軍艦(防衛省サイトより、編集部)

常識的に、日本政府と韓国政府のいずれかが嘘をついていることが確実だ。真実が明らかになれば、国際的な観点では、嘘をついている側の政権が吹っ飛ぶような案件だが、なんとなく子供の喧嘩のような取り扱いとなっている。

しかし、不思議なことに、左寄りの新聞でも、日本政府を非難する声があがっていない。韓国側の説明が二転三転しているので(築地の新聞社の詭弁に似ている)、韓国側が嘘をついている可能性が極めて高いと思わざるを得ない。韓国政府に「日本の不誠実さをなじる」ようなことまで言われれば、この行きつく先は国交断絶しかないような様相だ。

個人間の関係で考えても、AさんがBさんに殴られたという証拠を握っていて、友人にそれを伝えたとする。それに対してBがAは嘘つきだと吹聴されれば、証拠を明らかにした上で絶交するしかないと思う。

韓国政府は、日本が軍事秘密を公表するはずがないとタカをくくって反論し、日本の態度を不誠実となじっているのだろうが、嘘でも百回繰り返されれば、日本の国際的評価が下がるリスクがある。軍事機密を捨ててでも、日本と日本人の誇りをかけて、日本の言っていることが真実だと証明して欲しいと願っている。ここまで来ると、日本人の誇りと矜持を賭けた日本人全体の問題として捉えるべきだと思う。

また、韓国の船が北朝鮮の船に国連の制裁逃れに相当する支援をしたのを隠すために、強硬に執拗に反論しているという説がまことしやかに流されているが、レーザー照射を確実に証明すれば済むことだ。そして、断固たる対応をして欲しい。あいまいな対応をしていては、日韓の戦後は永遠に終わらない。


編集部より:この記事は、医学者、中村祐輔氏のブログ「中村祐輔のこれでいいのか日本の医療」2019年1月21日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は、こちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
中村 祐輔
医学者、内閣府SIPディレクター

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑