アダチベース:子どもの貧困対策を始めたNPOの思い

2019年01月26日 06:00

『カタリバ』というNPOの今村久美代表とスタッフの加賀大資さんにご案内いただいて、足立区にある子供の貧困対策の施設を見学させていただきました。

『アダチベース』という名のこの施設では、貧困家庭の中学生に居場所を提供し、食事や勉強、体験型ワークショップなどのサポートをするとともに、家庭訪問などの活動を行っています。

現在、こども食堂や学習支援など、子供の貧困対策については全国で数多くの活動が行われています。

しかし、中には「集まっているのは一般家庭の子供が多く、貧困に悩む子供に支援の手がなかなか届かない」と悩む方も多いようです。

一方、『アダチベース』では行政と連携し、公的援助を受けている家庭の子供を受け入れています。

実際施設には、母子家庭で母親が夜遅くまで働きに出ているためカップラーメンや菓子パンばかり食べている子や、親の目が届かず不登校になってしまった子など、様々な困難を抱える子供たちが通っています。

そして、卒業生の中には、『アダチベース』に通う中で「今は不登校だけど、やっぱり高校に進学したい」という希望を抱き、頑張って勉強して進学を果たした子もいるそうです。

ちなみに、現在その子は高校に通う傍ら「僕も子供たちのための仕事をしたい」とこども食堂のボランティアをしているとのことでした。

施設が立ち上がったのは3年前。それまでキャリア教育や被災地支援などに取組んでいた『カタリバ』が子供の貧困対策に乗り出したのは、それまでの活動の中で、貧困や虐待などの実態に向き合って子供たちに伴走することの重要性に気付かされたからだといいます。

代表の今村さんは、「困難を抱える子供たちにとって大学進学をもっと身近なものにしていければ」、そしてそのためにも家族のように見守ってくれる存在が必要であり、「今後は伴走支援の仕組みをつくっていきたい」と語ってくれました。

私も東日本大震災以降NPOを立ち上げて児童養護施設支援の活動を行っていますが、その中で今の福祉施策には伴走支援が致命的に欠けていることを痛感してきました。

こういった社会課題の1つひとつを、今回の今村さんのように志を共有する仲間と力を合わせて解決していきたい。

それが私にとっての希望です。


編集部より:この記事は、衆議院議員、鈴木隼人氏(自由民主党、東京10区)のブログ 2019年1月25日の投稿を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は鈴木氏のblogをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
鈴木 隼人
衆議院議員(東京10区、自民党)

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑