「日本人は勝ち組」イチロー凱旋試合にネトウヨ熱狂⁈

2019年03月17日 17:30

開幕戦を東京で迎える米大リーグ・マリナーズのイチロー選手が17日、巨人とのオープン戦に「9番ライト」で先発登場した。


7年ぶりの日本での凱旋試合は3打数ノーヒット。それでも超満員の東京ドームの熱狂そのままにネット上も歓喜に湧いた。

実は試合前からネット上は異例の盛り上がりを見せていた。前日の記者会見でイチロー選手が「日本人であることで、すでに勝ち組」と述べたことが報じられると、興奮した右派の人たちがツイッターで瞬く間に拡散。まとめサイトもすぐに仕上がるなど一部で熱狂的な反響があった。

イチロー選手は米国でのオープン戦は7試合18打席連続無安打、打率0割8分。「勝ち組」発言は、来日前に不振を極めた中で、日本の開幕戦メンバーに入った経緯を振り返った中で飛び出した。スポーツ報知によると、

昨年の春からブランクがあり、それでも十分に体は動く状態にあった。当たり前のように結果を出して、当たり前のようにここにいる状態を作りたかったんですけど。そうは実際ならず、大変苦しみました。ここにキャンプの結果を踏まえていることは、本来ありえないことだと思う。やっぱり日本人であることで、すでに勝ち組なんだなと思っています。

と述べたという。日本開幕戦のベンチ入りの人数枠は本国より3人多い「28」。不振を極めても偉大な実績と母国開催という特殊事情が考慮されたとみる向きもあり、スポーツ報知はあくまで「ジョーク」と解釈している。

しかし、ジョークとわかった上なのか額面通りに受け取ったのか、ネット上では、思わぬ“愛国”的発言に反響が広がった。

イチローはカッコいい
日本人の誇り!

と絶賛する人が相次ぎ、まとめサイトの「保守速報」もすぐに反応。

掲示板に書き込まれたコメントは、勝ち組発言がある種の「自虐ネタ」であると理解を示すものもあった一方で、

野球少年、少女たちの中で差別を生むから良くない

とたしなめる人もいた。さらには、

底辺なのは国のせいだとデモしてるパヨク連中とエライ違い

左派の人たちへの口撃材料にするものもあったり、逆に

イチローはネトウヨ

などと中傷するものもあった。

ネット上で思わぬ形で波紋を呼んだイチロー選手だが、この日は打席に入ると球場内に観客が一斉にスマホで撮影を開始。さらにはベンチにいるマリナーズの選手たちまで同じくスマホで撮影しようとするシーンがテレビ中継され、ネット上でも話題になった。

昨年5月のシーズン途中で、選手登録を外れて球団会長付の特別補佐に就任していたイチロー選手。20、21日のアスレチックスとの開幕シリーズを終えた後、米国でのシーズンでの25人枠に残れない可能性もある。日本では「見納め」になる可能性もあるだけにリアルからネットまで国民的な関心事であることを印象付けた凱旋試合だった。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑