現れるか?商号・社名に「平成」が含まれる上場会社

2019年04月01日 06:00

3月31日の毎日新聞朝刊によると、平成になって社名に「平成」が入る会社は1270社(設立もしくは社名変更)だったそうです(東京商工リサーチのデータ登録317万社のうち)。かなり多いように思いましたが、調べてみると東証に上場している約3600社のうち、社名に「平成」が含まれる会社はありませんね。

官邸サイトより:編集部

ちなみに「昭和」は11社、「大正」は1社、「明治」は4社存在ます。上記毎日新聞記事によると、「平成」への改元時に、新元号を社名にしようとする人たちが大挙して法務局に詰めかけたそうで、さて、今回はどうなりますでしょうか。

上場会社が1社もない…ということから、「平成の時代は景気が悪かったことを如実に物語っている」とも言えそうですが、上場するまでには時間を要します。3月30日の日経朝刊「老舗企業多い『新興市場』ジャスダック最高齢は120歳」なる記事によると、東証マザーズ上場会社の上場までの平均年数が16年、ジャスダックは平均年数46年、とのこと。ということは、社名に「平成」が含まれる会社はこれから上場する企業が増えるとみるのが妥当な推論ではないでしょうか。

「昭和」や「明治」が「高度成長」をイメージさせるのに対して「平成」のイメージがややぼやけているのは気になりますが。ちなみに私が住む堺市の近所に本日(4月1日)「堺平成病院」が新たにオープンしますが、いまから「平成」を病院名に使用するというのもうーーーん、なにか理事長の想いがあるのでしょうね。。。

ところで社名に「平成」が入る会社といえば「平成電電」を想い出すマニアックな方もいらっしゃるかもしれませんが・・・これ以上、この話題は差し控えておきます(*´Д`)さて、新元号、どうなりますことやら。

山口 利昭 山口利昭法律事務所代表弁護士
大阪大学法学部卒業。大阪弁護士会所属(1990年登録  42期)。IPO支援、内部統制システム構築支援、企業会計関連、コンプライアンス体制整備、不正検査業務、独立第三者委員会委員、社外取締役、社外監査役、内部通報制度における外部窓口業務など数々の企業法務を手がける。ニッセンホールディングス、大東建託株式会社、大阪大学ベンチャーキャピタル株式会社の社外監査役を歴任。大阪メトロ(大阪市高速電気軌道株式会社)社外監査役(2018年4月~)。事務所HP


編集部より:この記事は、弁護士、山口利昭氏のブログ 2019年3月31日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は、山口氏のブログ「ビジネス法務の部屋」をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑