お金は「節約」するより「使う」方が増える訳

2019年04月08日 16:00

お金を節約する人よりも、お金を使う人の方が経済的にも精神的にも豊かになっていく。そんな経験を自分自身でも周囲の人たちを見ていても目の当たりにします。使わないより使った方が増えるというのは一見矛盾しているようにも思えますが、これは何故なのでしょうか。

写真AC:編集部

お金を節約する人は、「引き算の発想」で考えます。100万円持っていて、10万円使ってしまうと残りは90万円。だから、10万円の支出を5万円に節約して、手残りを95万円にしようという考え方になるのです。

お金を使う人は、「足し算の発想」で考えます。例え10万円を使ってしまっても、それによって20万円のお金が返ってくるなら、積極的にお金を使った方が良いという発想です。ただし、必要の無いものに無駄に資金を浪費するのではなく、有意義なお金の使い方をするのが原則です。

お金を使うというのは、投資して資産を増やすだけではありません。誰かと一緒にご飯を食べたり、飲みに行ったり。あるいは、コンサートや美術館、海外旅行に出かけたり。あるいは、セミナーや講演に参加することも含まれます。

投資ならともかく、お金を使うだけのこれらの消費では、お金が減っていくだけで、経済的にはマイナスではないかと思うかもしれません。しかし、使った以上に増えて返ってくるのであれば、むしろそのようなお金は積極的に使った方が良いということです。

※写真はイスラエルで見つけた美味しい料理の1つ「ターキッシュサラダ」

誰かと食事に行って、雑談をしている中から新しいビジネスが生まれたり、事業アイディアが浮かんだりすることは珍しくありません。コンサートや美術展に出かけて、そこからインスピレーションを得たことが仕事に活かされたこともあります。あるいは有料のセミナーや講演会に出かけ、そこで得られた知識や情報が思わぬ収益を生みだすこともあり得ます。

お金を使うことがそんなチャンスやきっかけを呼び寄せてくれるのです。

逆に、お金を節約することばかり考えている人には、人も情報も集まってきません。その結果、せっかくのチャンスを手に入れることができず、結局お金を節約しなかった方が良かったということになる訳です。

まだ信じられないという人は、自分の周りにいる精神的にも経済的にも成功した人に聞いてみてください。節約だけして成功したという人は、どこにもいないはずです。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計19万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2019年4月8日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑