「パラダイムシフト」ロスジェネを支援する市民型ロビー団体

2019年04月10日 06:00

去年から複数の仲間たちと立ち上げの準備をしてきた「パラダイムシフト」というロビー団体のウエブサイトを今月より始動させます。

写真AC:編集部

このパラダイムシフトという団体の目的は、就職氷河期に就職活動をおこなったいわゆるロストジェネレーション(ロスジェネ世代)といわれる、35歳〜45歳くらいの世代を「世代を一括りにして支援していく」ための団体です。

そしてこのロスジェネ支援を実現するために私たちが考えたのは「市民型ロビー団体」の設立というアプローチでした。

日本にはすでに各種業界団体や労働組合など既存のロビー団体は存在しており、またマイノリティーや社会的弱者を支援する目的の団体も存在しています。地方と都市部という観点では、選挙区の区割りがほとんど「地域ごとに選ばれる」という制度のため、自然と「地元」の利益を確保することが選出議員にとっての重要な課題となっています。

これに対して「世代の問題」に関しては現在のところそれを専門に扱うロビー団体がありません。一方で政党の選挙活動における実働部隊である地方組織は一般的に高齢化が進んでおり、自然と選挙において高齢者対策には各候補者は力を入れるので、いわゆる「シルバー民主主義」による政策決定に繋がりやすい状況です。

過去の国の経済政策の煽りをうけてそれぞれの場所でさまざまな苦労をしている30〜40代の現役世代の声を政治の現場に届け、適切な支援策を迅速に実行するためには、この世代が様々な違いを超えて団結して、選挙における影響力を持たなければいけないのです。そこで今までになかった「特定の世代を支援することを目的とした市民型ロビー団体」を作り、大きな政治のうねりを起こし、政治の現場における影響力をつけて、我々の政策を実現していくのが「パラダイムシフト」の目標です。

活動の最初の段階が、ロスジェネ支援・サポート活動をおこなうネット上のロビイングプラットフォームとしてパラダイムシフトのウエブサイトを充実させることです。

このサイトでは以下の4つの機能を持たせています。

  1. ロスジェネ世代の議員へのインタビュー
  2. ロスジェネ対策の政策提言
  3. ロスジェネ問題に関するブログの掲載
  4. ロスジェネ関連のニュースのピックアップ

議員へのインタビューは「パラダイムシフト」がロビー団体であり、その目的がロスジェネ対策を政治の現場で実現させることであるために、その政策をサポートしてくれる議員を紹介して、具体的にどのように対策を実現してくれるかということをレポートすることが重要だと考えているためです。

次に我々からも具体的な支援策・政策提言をおこなっていく必要がありますから、広く有識者からの政策提言を募集して、より適切な政策を提言することを目的としています。

そしてロスジェネに関するブログも広く一般の方から募集します。現在そして近い将来に必要な支援、必要な社会改革、企業文化や地域文化の変革、など幅広いトピックでの投稿を通じて様々な議論・論考を盛り上げていきたいと願っています。

ニュースピックは往往にして他の世代から忘れられがちなロスジェネ対策についてアンテナを高くして、様々な動きをチェックしていくためのものです。

当分はパラダイムシフトのウエブサイトをロスジェネ世代支援のネット上における拠点となるように運営に力を入れていきます。

是非ともこの新しい運動である「パラダイムシフト」へのご支援・ご指導を皆様から賜れますように心よりお願い申し上げます。

また「パラダイムシフト」の活動をサポートしていただける方(少しの時間でも構いません)、ご興味ある方、ぜひとも一緒に政治を変えていきましょう。以下の連絡先(info.myosano@gmail.com)にご連絡頂ければ幸いです。


編集部より:このブログは与謝野信氏の公式ブログ 2019年4月9日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は、与謝野信ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
与謝野 信
証券会社勤務、TOKYO自民党政経塾生(第11期)

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑