依頼心を無くす

2019年04月18日 18:30

『論語』の「陽貨第十七の十九」に、「予(われ)言うこと無からんと欲す…私はもう何も言いたくはない」という孔子の言に対し、高弟の子貢(しこう)が「子(し)如(も)し言わずんば、則(すなわ)ち小子(しょうし)何をか述べん…先生がもし何も言われなかったら、私たちは何を言い伝えていったらよいのでしょうか?」と応じる場面があります。

すると孔子は、「天何をか言うや。四時(しじ)行われ、百物(ひゃくぶつ)生ず。天何をか言うや…天は何を語ろうか?四季はこれまで通り巡り、万物はこれまで通り成長する。天は何を語ろうか?」と答えるのです。孔子は自らが何かを言う・言わないといった類は関係なく、子貢自身で主体性を持って勉強し、そこから主体的に学んで行くことをもっと増やしなさいと述べているわけです。

上記は、お釈迦様が死ぬ間際に行われた愛弟子アーナンダとのやり取りに似通っていると思います。それは、「もし釈尊が亡くなられたら、いったい何を頼りに生きていけばよいのでしょう」とのアーナンダの問いに対し、お釈迦様が「これからは、みずからを島とし、法(ダルマ)を島とせよ」と語ったとされるものです。

此の島というのは、『不動のもののたとえであるが、漢訳経典では「灯明」と訳され、「自灯明(じとうみょう)・法灯明(ほうとうみょう)」の教えとして知られ』ています。お釈迦様は自らの言葉を全て頼りに生きて行くのではなく、アーナンダ自身また(…仏の教えを示した真実のことば)を灯火(ともしび)とし、拠り所として生きて行きなさいと述べているわけです。

何でも彼んでも師に尋ねていたら、良いというものでもありません。例えば『論語』の「述而第七の八」に、発奮あるいは啓発の語源となった次の孔子のがあります--憤せずんば啓せず。悱(ひ)せずんば発せず。一隅を挙げてこれに示し、三隅を以て反(かえ)らざれば、則ち復(ま)たせざるなり。

「学びたいという気持ちがじゅくじゅくと熟して盛り上がってくるようでなければ指導はしない」、「今にも答えが出そうなのだけれど中々出ずに口籠っているようなギリギリの所にまで来なければ教えない」、「一隅を取り上げて示したら残りの三つの隅がピンとこなければ駄目だ」、というのが孔子の教え方であるわけです。

『論語』を読んでいますと孔子は、実際そこまで厳しくはなかったのではとも思われますが、門弟達の自発的に学ぼうとする意欲を大事にし、高めてやろうとしていた気持ちがよく伝わってきます。冒頭の子貢に対する孔子の言、「予言うこと無からんと欲す」「天何をか言うや」も同じ気持ちで述べられたものだと思います。

BLOG:北尾吉孝日記
Twitter:北尾吉孝 (@yoshitaka_kitao)
facebook:北尾吉孝(SBIホールディングス)

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑