海苔が47年ぶりの大凶作で値上げ必至か

2019年04月19日 16:00

海苔が47年ぶりの大凶作にあるって皆さんご存知ですか?
既に、市場では価格も上昇し始めていますが、このままでは海苔が足りなくなってしまう恐れがあります。

なぜ海苔が不作に陥っているのかというと、この冬は海苔の養殖をしている海水温度が、海苔の生育に適した海水温の10℃から20℃に下がらなかったからということです。適温よりも高温のままだと、ノリの生育が悪いのに加えて、魚の活動が活発になり海苔の新芽を食べてしまうことが原因です。

先月、富山や新潟を訪れた際、「今年の冬は雪が少なかった」とある意味喜んでいました。しかし、その次に「田んぼを初めとして農作物への影響はどうだろう?大丈夫かな」と心配されていました。やはり、気温が上がったり、水温が上がることはそうした影響に繋がるわけですね。
海苔の生産量は、かつて100億枚だったそうです。ところが、海水が上がった影響や、生産者が減ったこともあり、昨今の生産量は80億枚、同様に日本での消費量も80億枚ということです。

そして現段階での生産量がどうなっているかというと、主要生産地である佐賀県は1割減、兵庫県が2割減、三重県が4割減、となっています。そして、なんと山口県は5割減、そして徳島県に至っては8割減です。このままでは64億枚しか生産ができないので、値上げがどうのこうのじゃなく、10億枚以上不足する可能性が出てきています。

いずれにせよ、これから先の値上げは必至だと思われます。

もしかして、コンビニのおにぎりからもノリがなくなる事態もあり得ます。コンビニのおにぎりはノリなしでも我慢できますけれども、私が好きな鉄火巻に海苔がないって有り得ませんので、ざるそばは諦めてもりそばにします。だから鉄火巻きは海苔ありでお願いします。


編集部より:この記事は、前横浜市長、元衆議院議員の中田宏氏の公式ブログ 2019年4月19日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
中田 宏
元衆議院議員、前横浜市長

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑