世界一の夢と希望溢れる街が見えてきた東京都墨田区

2019年04月23日 14:00

東京都議会議員の川松真一朗(墨田区選出・都議会自民党最年少)です。

墨田区のパラダイムチェンジ

私の地元墨田区では山本亨区長が2期目の当選を果たし、昨日新たに登庁しました。夜には、この選挙戦を支えて頂いた支援者の皆様に2期目の決意を述べられたところであります。以前にも当ブログ「保守的視点の改革派首長とは?民間出身、山本墨田区長の着実な成果」で書きましたが墨田区ではいよいよ本格的な行政改革が進むと認識しております。そこに多くの区民の皆様あってです。

私がこの選挙戦で訴え続けたのは「区民感覚vs役人文化」の戦いが幕を開けるという事です。私はこれまでの行政を否定はしていません。しかし、攻めの姿勢で墨田区を発展させるために、パラダイムチェンジが必要である。「今までの墨田区役所はそれで良かった」「過去は否定しないし未来への評価に繋がらない」という基本姿勢の上で、「ここから先は前に進めようよ」という風土を作っていきたいと考えております。

この区長の選挙戦中盤で、最初で最後の街頭演説会を両国で行いました。ここには遠藤利明代議士(2020大会組織委員会会長代行、元オリンピック・パラリンピック大臣)が応援に駆けつけて、当地域を地盤とする加藤拓区議と私がマイクを握りました。ここでの、話に正に未知なる挑戦の一端が垣間見えました。上記の選挙中のブログでは詳しく書きませんでしたが、要約すると以下の通りです。

2020年を契機に墨田区産業振興

2020大会は国技館でボクシング競技実施の準備があります。私達はこの大会で世界中から集まってくるVIP、VVIPに地元墨田区の地場産業品を力の限りアピールして、手に取って欲しいと思っています。彼らはインフルエンサーであり、彼らのSNSで取り上げられれば更なる需要喚起で地場産業が盛り上がるのではないかと考えたのです。

例えば、私が選挙戦中に来ていたポロシャツはmade in Sumidaの「IKIJI」というブランドのポロシャツです。他にも財布や名刺入れなどの革製品もあります。こういったものが実は山本区長も力を入れている「すみだモダン」という形で商品プロモーションを展開しています。

これらは独自ブランドとしての確立を目指していますが、先のアパレル関連では、実は有名デパートで売られている高級ブランド品も墨田で作られているものも多いのです。あくまでOEM生産の為made in Sumidaという印はどこにもありません。

これだけの良いものに囲まれている墨田区なのだから、独自ブランドが光を浴びれば「ものづくり都市・墨田区」として世界から注目され持続発展していく可能性を秘めています。これは後継者不足対策にも絶対に有効です。

文化集積も世界一目指して

加えて、同地は文化の集積地でもあります。江戸東京博物館、すみだ北斎美術館、刀剣博物館、相撲博物館など文化の香りが漂っている町です。だからこそ、2020大会で国技館を訪れた方にはボクシングだけでなくて、こういった文化にも触れて頂きたいと考えているのです。

それこそ、遠藤代議士が日本相撲協会や小池百合子知事に要請をしてきた事があります。それは2020大会時に相撲にまつわる文化展示物を江戸東京博物館などに展示する事で、相撲文化を広められるのではないかという提案です。本件については、文化庁も関心を持って頂き遠藤代議士ー墨田区長のラインで更なる政策の深堀りが始まっています。たまたまですが、私も江戸東京博物館の運営財団で評議員を務めておりまして日々汗をかいています。

2020年大相撲・両国巡業を目指して

さらに、上記二つに連動する事として、2020年大会時の8月9日オリンピック閉会式と8月25日パラリンピック開会式というこの2週間余りの期間に相撲巡業開催を目指しています。本来であれば、夏巡業は地方巡業ですが、今、日本相撲協会にお願いをして地方巡業を取りやめて2020大会の盛り上げと、地域振興の為の東京巡業をお願いしているところです。当然、9月には秋場所がありますが、いわゆるVVIPが日本にいるうちに巡業を開催することで、この効果は2倍にも3倍にもなって返ってくるものと考えています。

こういう発想も、いわゆる前例踏襲主義では実現に向けて動いていきません。私はとにかく面白い事にチャレンジしてみようという姿勢で、動き回っています。時に斬新すぎるアイデアを持ち込む事もありますが、全て公益を考えての事です。この選挙戦では「両国」を起点に墨田区を盛り上げるという視点でしたが、区内の各地に地域活性化のチャンスは一杯あります。これを墨田区や東京都あるいは国が反応すれば面白い事は沢山あります。

これからも、様々な場面で提案していきます。

令和時代の最先端に乗り遅れず、でも墨田区の伝統文化は大切に。

川松 真一朗  東京都議会議員(墨田区選出、自由民主党)
1980年生まれ。墨田区立両国小中、都立両国高、日本大学を経てテレビ朝日にアナウンサーとして入社。スポーツ番組等を担当。2011年、テレビ朝日を退社し、2013年都議選で初当選(現在2期目)。オフィシャルサイトTwitter「@kawamatsushin16」

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
川松 真一朗
東京都議会議員(自由民主党、墨田区選出)

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑