メールを使った選挙運動の解禁:若者政策推進議連 提言全文

2019年06月27日 06:00

事務局長を務める若者政策推進議員連盟でインターネット選挙に関する提言をまとめました。この議員連盟は超党派の議員で構成されており、すでに2018年11月に被選挙権年齢引き下げ、供託金の引き下げを提言してきました。

今後は、今回の提言と合わせて議員立法を検討し、全ての世代が参画しやすいフェアな選挙制度をつくっていきたいと思います。提言本文を下記に掲載します。

若者政策推進議員連盟 提言

令和元年6月13日
若者政策推進議員連盟事務局

現在、メールを使った選挙運動は候補者及び政党に限られ、第三者は送られてきたメールを知人に転送することすらできない。一方、SNSによる選挙運動についてはほとんど規制がなく、落選運動メールについても送信者の氏名とメールアドレスを正しく表示しさえすれば誰でも送信するこができるなど、制度のバラつきがみられるところである。

本件については、平成25年の公職選挙法改正時の附則において「次々回の国政選挙における解禁について適切な措置が講ぜられるものとする」と規定されているが、その後4回の国政選挙を経た現在も特段の措置は講じられていない。

デジタルネイティブである若者世代にとり、SNSに次いでメールは欠かすことのできないコミュニケーションツールであり、意思表現媒体である。

このため、メールでの選挙運動に関して超党派の『若者政策推進議員連盟』として以下の通り提言を行うとともに、各政党に対して本提言を踏まえた早期の対応を求める。

選挙運動の自由は、憲法21条に規定される表現の自由の中でも特に重要なものであり、その制限は選挙の公正を確保するために実質的な合理性と必要性があるものに限定されるべきである。FacebookやTwitter等SNSでの選挙運動が第三者に許されていることからすれば、メールでの選挙運動を規制する実質的な理由は乏しい。

たとえなりすましの危険性があったり、誹謗中傷の危険性があったとしても、規制すべきなりすましや名誉棄損の方であり、電子メールによる選挙運動を禁止すべき理由にはならない。実際、制度面では送信者情報偽装メールには最高1年の懲役刑が課されているし、技術的にもメールソフトによる迷惑メールのフィルタリング、送信ドメイン認証によるなりすまし対策が講じられているところである。

また、落選運動用電子メールの場合は第三者も送信可能であり、落選運動用電子メールである旨を表示する必要はなく、送信拒否通知を行うことができる旨や送信拒否通知を行う際に必要となる電子メールアドレスその他の通知先を記 載する必要もない。また落選運動用電子メールは当日も送信することができる。 メール受信者からみれば、選挙運動用メールと落選運動用メールの相違に合理 性を感じないであろう。

なお、一般的にスパムメールについては「特定電子メールの送信の適正化等に 関する法律」によって送信の制限および一定の情報の表示義務が課されている。 しかし、本来このようなスパムメールの規制は、営利を目的とする団体及び営業 を営む場合における個人が「自己又は他人の営業につき広告又は宣伝を行うた めの手段として送信をする」電子メールを対象としており、政治的な内容のメー ルを対象としてはいない。

アメリカでもスパムメールの規制が連邦法で導入さ れているが、これも営利的なスパムメールだけを対象としているにすぎない。ま たイギリス、ドイツ及びフランスにも、電子メールを利用した選挙運動に対する 規制は存在しない。本来営利的なスパムメールに適用される規制をそのまま政 治的表現である選挙運動に導入していることについては見直しの必要性がある。

以上の理由から、メールでの選挙運動に関する規制を合理的なものとすべく、 少なくとも第三者の中でも個人については規制を廃し、SNS とのバランスをとる べきである。また、候補者及び政党については、あらかじめ受け取ることに同意 した人に限らず多くの有権者に選挙運動メールを届ける観点から、オプトイン 規制を早期に緩和すべきである。なお、個人以外の第三者(企業、団体等)につ いては、過度な選挙運動が国民生活に与える影響や個人情報保護に関する懸念 を踏まえると慎重な扱いが必要であり、当面、現行の規制を維持するのが望ましいと考える。

以上

LINE@などそれぞれのSNSで、イベント登壇情報や政策に加え、スペシャルコンテンツをお届けしています。ぜひ登録お願いします。

友だち追加

小林 史明  衆議院議員(広島7区、自民党)

自民党青年局長代理、行政改革推進本部事務局長。 電波、通信、放送政策、海洋水産政策、社会システムのデータ、標準化に取り組んでいる。2007年上智大学理工学部卒業後、NTTドコモに入社。2012年の衆院選で自民党から立候補し、初当選。第3次、4次安倍改造内閣にて総務大臣政務官(情報通信、放送行政、郵政行政、マイナンバー制度担当)。公式サイト。LINE@では、イベントのおしらせや政策ニュースをお届けしています。登録はこちら


編集部より:この記事は、衆議院議員、小林史明氏(自由民主党、広島7区)のオフィシャルブログ 2019年6月26日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は小林史明オフィシャルブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
小林 史明
衆議院議員(広島7区、自民党)

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑