憲法改正×教育無償化×多様性の重視。これが全部できる政党は…一つだけ!

2019年07月01日 11:30

こんにちは、おときた駿@参院選東京選挙区です。

6月30日は参院選公示前のラストサンデー!ということで、おとやなコンビで都内約10箇所で遊説。

その半分くらいをネット配信する気合の入れっぷりでした。

最後は謎のダンスおまけ動画でFINISH。

常にあたらしいことに挑戦していく「おとやなチャレンジ」へのお題、お待ちしております!

そして6月30日はニコニコ動画で、参院選に向けた党首討論が行われました。

まだ私もダイジェストでしか見られていないのですが、メインとなったのは憲法改正と経済政策。

何度も「憲法改正」を公約に掲げて選挙で勝利し、改憲勢力で3分の2を占めながら、まったく憲法改正をリードしてこなかった自民党。

私たちは「教育無償化」を憲法で明記することを始めとして、自民党にはできない憲法改正議論を加速していくことを、改めて松井代表が明言されました。

一方で、公約集の中には現実的な選択的夫婦別姓制度の導入や、同性婚などのいわゆる「リベラル」な政策もしっかりと明記されています。

これこそがザ・第三極、ザ・維新の素晴らしさだと思うのです。

だから「右からも左からも叩かれる」わけですが、私たちが見ているのは何より未来のため、子どもたちのため

右も左も関係なく、まっすぐに前に進み続けるための公約集が発表され、私たち予定候補者も自信をもってこの選挙に臨めるなと改めて思った次第です。

あとこれを伝えていくのは、私たち(予定)候補者の責任。7月の3週間、きっちり都内を駆け回っていきたいと思います。

https://twitter.com/yanagase_ootaku/status/1141955004237959169

まずは決起大会でお会いしましょう!

それでは、また明日。


編集部より:この記事は、あたらしい党代表、前東京都議会議員、音喜多駿氏のブログ2019年6月30日の記事より転載させていただきました。オリジナル原稿を読みたい方はおときた駿ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
音喜多 駿
あたらしい党代表、前東京都議会議員

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑