日本に「アペロ文化」広がらないのは「トリビー」が原因

2019年07月08日 06:00

海外でディナーの機会があると、バーで食前酒を飲みながら、待ちあわせということが、珍しくありません。メンバーが揃うと、レストランに移動。それからディナーが始まります。

Frank Leistner/flickr(編集部)

食事の前のドリンクは、アペリティフとか、アペリティーボなどと言われます。最近は省略して、和製言葉で「アペロ」というらしいです。アペロが日本に広がらない理由の1つは「トリビー文化」にあります。トリビーとは、取り敢えずビールの略。最初の一杯をビールで始めるケースが非常に多いのです。

このパターンだと、その後お店を移動という展開にはなかなかなりません。そもそもアペロにビールを飲んでしまうと、お腹に溜まって食欲増進どころか、お腹が一杯になってしまいます。

また、日本では7時からの予定で、アペロしてからお店を移動すると、終わりの時間が遅くなるのが敬遠されることもあるのです。

しかし、最近は働き方改革で残業する人が減りました。また、フレックス勤務で夕方4時過ぎには仕事が終わる人も珍しくありません。早い時間からの予定なら、アペロしてからでも、時間の余裕を持ってディナーできます。

日本にもハッピーアワーといって、早い時間はドリンク割引サービスをする飲食店がありますが、単なる早い時間の割引ドリンクではなく、ディナーの前の0次会のような位置付けで、シャンパンのような食前酒を楽しむ。そんな文化が日本にももっと広がると、楽しいのになと思います。

実は、SHINOBY’S BAR 銀座も5時から7時までハッピーアワーとしてドリンク半額で提供しています。

青山にはアペロを店名に冠したワインバーもあるそうです。SHINOBY’S BAR銀座も、ハッピーアワーではなく、アペロタイムと名前を変えて、食前酒を揃えて営業してみるのも面白いかもしれないって思っています。

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計19万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2019年7月7日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑