経済:中チャン。参議院議員選挙スペシャル

2019年07月08日 16:00

中ちゃん、参議院議員選挙スペシャル。4日目は経済です。

経済はまさに国の基本中の基本です。
昨年、平成30年の我が国の実質GDP(国内総生産)は535.5兆円でしたが、これを600兆円に拡大していくことを目指す必要があると思います。
そのためには「ビジネスチャンスを増やすこと」に尽きます。
【知っトク解説】今回は”GDP ”(2019.06.01)

ビジネスチャンスが沢山あるから、企業が投資をする。その投資が花開いてビジネスが始まるわけです。

これからは5G(第5世代移動通信システム)の時代と言われています。通信速度・通信量が格段に進化して、通信が今よりスムーズになります。現行のシステムと比較して100倍の伝送速度、1000倍の大容量化を誇る最先端の通信技術です。
具体的にはIoT(Internet of Things:モノのインターネット)、あらゆるものがインターネットと繋がるようになります。

5Gの時代が来れば、産業構造は大きく変わります。農業にせよ、医療にせよ、我々を取り巻く生活環境は劇的に変化をすることになります。その時代は、まさに私たちのもう目の前にあります。

自動車とインターネットが繋がるから自動運転も可能になるわけです。自動運転の時代、これまで自分が運転していたその時間、私たちには何ができるのでしょうか。始まった初期の頃はまだ人間のアシストが必要でしょうが、自動運転の最中に食事や映画、ネイルなど、運転以外のことを楽しめるようになるかもしれません。私は実際にサンフランシスコで自動運転の車に乗ってきました。カリフォルニア州ではもう既に20近い自動車メーカーが許可を受けて自由に走らせているわけです。当然、自動運転の時代はやってくることだと思います。何故ならば、相次いでいる高齢者の交通事故、地方における交通弱者の問題、運送業やタクシー業界などの人手不足などがあるからです。技術開発は民間がやるにせよ、道路整備、保険のあり方、法令整備、などは国が率先して積極的に取り組むべき課題です。例えば、特区を設けて走行できるようにし、世界に先駆けて社会ルールを作っていく。

医療分野についてもネット診療はまだまだ限定的ですし、電子カルテなどの共有化、これもやるべきです。
緊急だから早ければ早いほうがいいよね【アフターピル議論】(2019.05.14)

基本的に今の日本は規制が強く、また既得権益者の声も強い。だから、ビジネスチャンスが生まれにくい。このウィークポイントを克服するために、私は発言をしなければいけないと思っています。

話は異なりますが、日本の宝である中小企業の振興策も必要です。
継続は宝、出来るだけ長く繋いでいく為に[事業承継](2019.01.11)

すでに平成30年度税制改正において、中小企業の事業承継をより一層後押しするために法人版事業承継税制が大きく改正され、贈与税・相続税の負担が免除されました。平成31年度には個人版事業承継税制も大きく変わります。

要注意なのは、今年4月1日から始まった働き方改革の「残業時間の罰則付き上限規制」などが、来年4月から中小企業にも適用されます。これは運用してみた後に見直しをしていく必要があると私は思っています。
「ぱっ」と聞いただけではよくわからないけど、重要な話【働き方改革】(2019.03.29)

国が経済に対してやるべきことは何か。
それは仕事を増やしてあげるということではなくて、ビジネスチャンスを増やすということです。


編集部より:この記事は、前横浜市長、元衆議院議員の中田宏氏の公式ブログ 2019年7月7日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方はこちらをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
中田 宏
元衆議院議員、前横浜市長

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑