風神雷神に巨大な龍!京都・建仁寺で堪能する「伝統」と「革新」

2019年07月22日 06:00

久しぶりに、京都を散策。

阪急河原町で降りて、鴨川を渡り、日本最古の禅寺「建仁寺」へ。
28歳と47歳で二度も宋に渡って学んだ栄西禅師が開山したお寺です。

IMG_20190714_102247
俵屋宗達氏が描いた「風神雷神図屏風」が有名。
圧倒的な構図です。

IMG_20190714_104353

IMG_20190714_104019
枯山水の庭で、ほっこり

IMG_20190714_105342
日本庭園からは、四季を感じることができます。

IMG_20190714_110559
天井の巨大な龍は、平成に入ってから、小泉淳作氏が描いたもの。畳108枚分。

伝統を守るだけではなく、革新していく意気込みが伝わってきます。

そして、それは、京都という町そのもの。駅前の京都タワー然り。廃校の現代アート然り。だから、多くの人を魅了するのでしょう。

<井上貴至 プロフィール>


編集部より:この記事は、井上貴至氏のブログ 2019年7月21日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は井上氏のブログ『井上貴至の地域づくりは楽しい』をご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
井上 貴至
前鹿児島県長島町副町長

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑