何度でも言います!とにかくアウトプットから始めなさい

2019年07月26日 11:30

仕事の効率性は、アウトプットとインプットの比率から計測することができます。

(写真AC:編集部)

(写真AC:編集部)

結果が出ないのに、勉強ばかりしている人は、「アウトプット/インプット」の分母ばかり大きく、分子がありませんから、比率はゼロです。

逆に、アウトプットから始め、必要なインプットを取りに行くやり方なら、分母のインプットを最小化でき、比率を最大化することができます。

例えば、ブロガーやビジネス書作家になりたい人が最初にやるべき事は、アウトプットする機会を持つことです。以前このブログ記事でご紹介した資産デザイン研究所が運営するオウンドメディア「世界の資産運用ガイド」のライター養成塾では、10名以上の人たちがアウトプットから始める経験を積んでいます。コンテンツマーケティングのプロに、受講料を払うのではなく「お金をもらいながら」ライティング指導を受けることができるシステムです。

また、SHINOBY’S BAR銀座で開催される資産運用セミナーでは、実際に投資を始めた人たちが初心者未経験者に教えるセミナーでアウトプットを始めています。自分のやってきた資産運用の情報を紹介することで、必要なインプットが見えてきて、資産運用の方法をレベルアップすることができるのです。

これらのアウトプットのチャレンジをしている人に共通するのは「走りながら考える」というアプローチです。

まず、アウトプットしてから、必要なインプットを取りにいく。この方法なら、すぐに結果を出すことができます。

変化が激しい時代は過去の経験がすぐに陳腐化していきます。学んでいる間にそのコンテンツが価値の無いものになってしまうのです。だから「完璧に学んで、遅くやる」よりも「不完全でも良いから、まず早くやる」方が価値が大きく、成功の可能性が高いのです。

勉強ばかりし、インプットに勤しむ「頭のいい人」は、いつまでたっても具体的なアウトプットができず、効率的に結果が出せないのです。(インプットさえせず、他人のコメントばかりしている「評論家」は、更に論外です)

■ 毎週金曜日夕方に配信している無料のメールマガジン「資産デザイン研究所メール」。メールアドレスとお名前を登録するだけで、お金の不安を解消するための具体的な方法をご紹介します。

■ 「初めての人のための99%成功する不動産投資」、シリーズ累計19万部となった「初めての人のための資産運用ガイド」など、今までに出版された書籍の一覧はこちらから。

※内藤忍、及び株式会社資産デザイン研究所、株式会社資産デザイン・ソリューションズは、国内外の不動産、実物資産のご紹介、資産配分などの投資アドバイスは行いますが、金融商品の個別銘柄の勧誘・推奨などの投資助言行為は一切行っておりません。また、投資の最終判断はご自身の責任でお願いいたします。


編集部より:このブログは「内藤忍の公式ブログ」2019年7月26日の記事を転載させていただきました。オリジナル原稿をお読みになりたい方は内藤忍の公式ブログをご覧ください。

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!
内藤 忍
資産デザイン研究所社長

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑