れいわ2議員の介護負担へ:言った者勝ちの世の中になるよ! --- 長谷川 正

2019年07月31日 11:31

れいわ新選組の新人議員、船後靖彦さん、木村英子さんの介護費負担を当面、参議院が負担する、というニュースが流れてきました。これって、どういう事?法律を改正したの?特例なの?

介助者付きで声明を出した、れいわ新選組の船後氏(左)と木村氏(公式YouTubeより:編集部)

法治国家で有れば、キチンと手続きを踏んで決定しなきゃならん話じゃないの?
どうも、最近、「言った者勝ち」の風潮になって来てないか?
法秩序を揺るがして、いる件が多すぎるよ。

N国は、NHK受信料不払いすると言い出して、それに大阪市が、乗っかって来たりして…
N国の受信料不払いについては法律上の解釈の違いという論で、不払いも法律違反ではない。だから、払わなくて良いんだ….との、世論もあるが、この件も腑に落ちない…

法律家じゃないので、法律論は詳しくないが、
最高裁判決で、現状は払わないといけない。との判決が、出たんじゃないの?

なら、法律を変えて払わなくても良い。となるまでは、払わなきゃいけないんじゃないの?

NHKの受信料については納得行かないところは多々あり、現状から、変わって欲しいと願ってるので、方向は同じなんだけど、手続きを踏んで行って、法律を改正して初めて、不払いが認められるのが、法律というものじゃないの?

これを、世論がこっちだからと世論に迎合し、法律をないがしろにしたら、法治国家じゃなくなるんじゃないの?

いつから、我が国は情治国家に成り下がったの?

法律を世論がねじ曲げたら、ダメだよ!

N国は世論に受け入れられ易いからOK
れいわは世論の反発が怖いからOK

これに、なったら法治国家じゃなくなるよ。
それで、ホントに良いの?

それじゃ、行き着く先は言った者勝ちの世の中、声が大きい者勝ちの何でもありの世の中になるよ。

長谷川 正

1969年生まれ。中学卒業後、ロックスターに憧れ上京。19歳のとき音楽の道は断念し、不動産会社に就職。10年の勤務を経て独立し、10年で年商70億の企業に育てた矢先、脳腫瘍を患う。後遺症が残り、事業から引退。現在は晴耕雨読の日々を送る。ツイッター「@bossjupiter」

アゴラの最新ニュース情報を、いいねしてチェックしよう!

関連記事

アクセスランキング

  • 24時間
  • 週間
  • 月間

過去の記事

ページの先頭に戻る↑